ザ・リッツ・カールトンの伝説ストーリー アルバイトの子が・・・

ザ・リッツ・カールトンというホテルを知っているでしょうか?
「紳士淑女をおもてなしする私たちもまた紳士淑女です」というモットーが伝説となり、今では、日本で最もホスピタリティに富んだサービスを行うホテルとして不動の地位を築きました。
多くの人が、「リッツ・カールトンに一度でいいから泊まってみたい」ということを言います。
そんな伝説のホテル、ザ・リッツ・カールトンですが、このリッツ・カールトンにも、多くの伝説ストーリーがあります。
今日は、その中から一つ。
リッツ・カールトンに泊まっていた二人のご婦人が、部屋から出てきます。そして、廊下を歩きながら、こんな会話をしていました。
「今日で50歳か。嫌ね~、年とるって。」
「まだまだ、若いじゃない!大丈夫よ」
その会話を、リッツ・カールトンのアルバイトの子が、ちょうど掃除をしていたので聞いていました。
そのアルバイトの子は、すぐに上司に報告。
そして、そのお客様を喜ばすスペシャルチームが結成されます。もちろん、リーダーはそのアルバイトの子。
そのご婦人の部屋にバースデイケーキを用意し、飾り付けやメッセージカードを置いておきました。
帰ってきたご婦人は、ものすごく感動したそうです。
どうですか?
なんか誰にでも簡単にできそうな話です。
が、これがなかなかできない・・・
よくアルバイトの子は、上司に相談したと思います。
普通なら、「え~、誕生日なんだ~」ぐらいで終わってしまいます。
常に、お客様を喜ばすことをミッションとして考えていなければ、できないことです。
そして、この話には続きがあります。
実はこの誕生日だったご婦人は、某上場企業の社長の奥さまだったのです。このことは、後でわかったそうです。
そして、このサプライズにいたく感動したご婦人は、社長であるご主人に報告。
社長は、数ヶ月後に予定していた会社の創立祝いのパーティーを、他のホテルからリッツ・カールトンに変更したそうです。
そのパーティーの予算は、数千万円だったそうです。。。
アルバイト一人のホスピタリティが、数千万円の売上を生んだわけです。
すごいですね。
@今日もありがとうございましたm(__)m
本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?
岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)
【関連記事が読めます】
ディズニーランドの泣ける話 大人が頼んだお子様ランチ
ロールスロイスの伝説ストーリー 砂漠のど真ん中で車が故障
ディズニーランドの社員研修 部下を持つための研修
ルイ・ヴィトンの伝説ストーリー タイタニック沈没でのルイ・ヴィトン
永遠の輝き 「せいきゅんリング」のストーリー
【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」
1日1クリックおねげぇします 岩崎は何位?→ 人気ブログランキング
トップページへ


カテゴリー: 働き方・起業・経営   パーマリンク

ザ・リッツ・カールトンの伝説ストーリー アルバイトの子が・・・ への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    このストーリーすごい^^
    真心が産んだ数千万円・・・
    うーん出来そうで出来ない(-。-;)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >HB大学出身♪集客コンサルタントさん
    >このストーリーすごい^^
    >真心が産んだ数千万円・・・
    >うーん出来そうで出来ない(-。-;)
    そうなんですよね。1回ぐらいはできるかもしれませんが、これを継続してやるのが、すごいことですよね。
    すばらしいです。
    ありがとうございますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>