さて、クイズの時間です。人生にとって一番大切なことは…

大学でこんな授業がありました。
 
教授は教室に入ってくると、「クイズの時間だ」と言って、いきなり大きな壺を教壇の上に置きました。そして、教授はその壺に、大きな石を一つ一つ詰めていきます。壺が石でいっぱいになったところで、教授は学生たちに聞きました。

さぁ、この壺は満杯かな?

教室にいる学生の数人が、「はい」と答えました。

それは本当か?」
そう言いながら、教授は教壇の下からバケツいっぱいの”砂利“を取り出します。そして砂利を壺の中に流し込み、壺を揺すりながら、石と石の間を、砂利で埋めていきます。そしてもう一度聞きました。

この壺は満杯かな?

今度は、誰も答えません。しばらくして、一人の学生が「多分違うと思います」と言いました。

教授は「そうだな」と笑い、今度は教壇の下から”“の入ったバケツを取り出します。そしてそれを、壺を揺すりながら石と砂利の間に流し込みました。そして、三度目の質問を投げかたのです。

この壺は、これで満杯になったかな?

学生たちは声をそろえて、「いいえ」と答えます。

教授ニヤッと笑い、今度は教壇の下から”水差し“を取り出し、壺の中に並々とその水を注ぎます。そして、教授は学生たちに、最後の質問をしました。

私が何を言いたいか、わかるかい?

一人の学生が手を挙げました。

「どんなにスケジュールが厳しい時でも、発想を変えれば、まだまだ予定を入れることができる、ということではないでしょうか?」

違うな」と教授は言いました。
「重要なポイントはそこではないんだ。この壺が私たちに教えてくれる真実とは、『大きな石を先に入れないかぎり、それが入る余地は二度とない』という事なんだ」。

教授は続けます。
「君たちの人生にとって、“大きな石”とは何だろう? それは仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり、自分の夢であったり・・・ ここで言う”大きな石”とは、君たちにとって一番大切なものだ。それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君たちはそれを永遠に失う事になる」。

「もし君たちが、小さな砂利や砂や水、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、君たちの人生は重要でない”何か”に満たされたものになるだろう。そして、大きな石、つまり自分にとって一番大切なものに割く時間はなくなり、それ自体失うだろう。」

------------------------

なかなか深い話ですよね。2ちゃんねるの元管理人ひろゆきさんのブログにあった記事です。

多くの成功者は言います。「やるべきリストより、やらないリストを作れ

誰でも、やるべきリストを100個挙げることはできます。しかし、その中から、本当に大切な1~2個だけをやれる人はほとんどいません。大多数の人は、どうでもいい簡単なことから始めます。そして、本当に大切なものをやる前に、時間切れとなるのです。

なので、最も重要なことは、やるべきリスト100個の中から、やらないことを99個決めることなんですね。そして、自分にとって最も大切な一つにFocusして徹底的にやる。ビジネスも、これがすべてです。しかし怖くて、なかなか経営者は一つのことにFocusできません。あれもこれもやって、安心したいのです。

しかし、それだと結果がでない・・・(笑)

わかっちゃいるけど、みんなこの罠から抜け出せません。

ビジネスとは、集めることより、捨てることのほうが大切ですね。

ビジネスだけじゃなく、人生も、そうでしょうか。

3年後に死ぬとしたら、今これをやるだろうか?

ときどき、こんな質問を、自分に問いかけてみるのも、いいかもしれません。

@今日もありがとうございましたm(__)m

本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?

岩崎聖侍のFaceBook Feed購読してください

岩崎聖侍のTwitter フォロミー(T_T)

トップページへ


カテゴリー: 働き方・起業・経営   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>