メガネ21は一般社員のボーナス569万円!会社に利益を残さない会社

さて、今年も残り1日。いや、まだまだ1日ありまっせ!!
今年も仕事収めはしない、せいきゅんです(笑) 今年も、仕事をしながら年を越すでしょう(^_^;)
さて、メガネ21(トウーワン)というメガネ屋さんをご存じでしょうか?
株式会社21(トウーワン)という会社が展開をしているんですが、この会社がとんでもないんです!
この株式会社21の創業者「平本 清(ひらもと きよし)」さんは、昔メガネ店に勤務していました。平本さんは、創業者の下で営業トップの成績を上げましたが、2代目社長とはそりが合わず、営業からシステム課に回されてしまいます。そして、システム課で会社の内部留保の額を知って、驚きます。「なんで、そんな巨額な内部留保が必要なのか?
その後、平本さんはこの会社からリストラされてしまいます。そして、平本さんは一つの決断をします。「内部留保なんてない会社を作りたい。日本一社員が幸せになれる会社を作る」と。
そして、社員や出資者に、嫌なことや不満をすべて聞いて、両者がWIN-WINになるシステムを構築していったそうです。その結果できたシステムが
・儲けは、社員のボーナス、商品の値下げのために使う。
・朝礼、会議、内部留保、銀行借り入れ、左遷、リストラは、すべてなし。
・ノルマも一切なし。管理職もなし。
・業績さえよければ惜しげもなくボーナス支給! ちなみに、20代社員のボーナスは150万円前後、30代社員は多い時で450万円、2005年冬のボーナス最高額は569万円だったそうです!
・1600万円のプレジャーボートを社員のレジャー用に購入
などなどです。とんでもない会社になってしまいましたね(笑)
株式会社21の社是(しゃぜ)は、「社員の幸福を大切にします。社員は皆様の信頼を大切にします。
新入社員から社長まで、社員の幸福のために会社があるそうです。社員が幸せでない会社が、お客様や取引先の方を幸せにすることなどできないからだそうです。
口でいうのは簡単ですが、実際に社員を大切できている企業は少数です。株式会社21が、本当に社員を大切にしている証拠は、社員ボーリング大会を行ったりすると、全社員が参加するそうです(笑)
創業者の平本さんは現在専務で、社長は社員が交代でやります。しかし、この社長は社長業をやっておらず、実際に社長業をやっているのは6人の女性たちです。人事面接もこの女性たちがやっているそうです。そして、株式会社21には管理職がいないのです。
なぜ株式会社21は、管理職がいなくても回るのか?
それは、会社のすべての情報が、インターネットで全社員に公開されているからだそうです。給与や売上、経営状況、株主総会、ミーティングの内容なども公開されています。そして、仕事の相談もネットに書き込み、社員の誰かが答えるそうです。社内稟議や会社の備品買い替えなどネットに書き込み、異論がなければ承認となるそうです。このように、すべての情報を公開すると、管理職がいらなくなるそうです。
また、株式会社21さんは、よくボーナスの額が高いことが話題となりますが、平本さんは言います。「ボーナスの数字ばかり大きく取り上げられるが、あくまでも利益分配なのでマイナスの分配もあることをよく理解してもらいたい。この給与システムができたのは、会社が倒産しそうなときに、赤字をみんなで分配したいという時にできた。だからプラスの分配ばかりでなく、マイナスの分配もないとおかしくなる。」
メガネ21の業績
2002年 売上高83億円 経常利益 2000万円
2003年 売上高84億円 経常利益 2600万円
2004年 売上高85億円 経常利益    5万円
2005年 売上高84億円 経常利益▼3400万円
2006年 売上高84億円 経常利益 ▼400万円
2007年 売上高83億円 経常利益  900万円
2008年 売上高83億円 経常利益  450万円
株式会社21は、銀行からの借り入れもないそうです。広告宣伝するときは、広告協賛金(カンパ)を社員に出資依頼します。そうすると、すぐに2288万円ぐらい集まるそうです。会社にお金を残さない代わり、いつでも社員がお金を出すシステムができているんですね。
そして、ここで出資した社員には、しっかりと配当も出るそうです。配当は最高で年10%の利回り。現在は年2%の利回り下げたそうですが、この超低金利時代にあって年2%でも・・・ 都銀の普通預金金利の約50倍の利回りですからね(^_^;)
なので、現在は社員の7割が出資して、総出資額は約10億円だそうです! この制度により、銀行からの借り入れがなく会社が大きくなったのです。
平本さんは、「会社ではなく、社員に内部留保しています。給料をたくさん支給しているから、業績が悪く給料を下げてもこれまでの貯金で生活はできます。」とおっしゃってました。
---------------------------
いやいや、すごい会社ですね。まさに、21世紀型企業ですね。
21世紀企業の基本は、とにかくそこで働いているスタッフを大切にするということだと思います。スタッフ第一主義ですね。リストラなんてもってのほかです。
「スタッフは会社にとって”コスト”ではなく、”財産”なのですから、財産を捨てるリストラという行為自体が、ナンセンスです。」というのが、これから求められる企業の姿です。
こういう企業が、日本に一つでも多く増えていけば、間違いなく日本は変わります。年間の自殺者3万人(推定はその3倍と言われている)という数も、もっともっと減らせると思います。
そして、多くの若者が自分の会社に誇りを持ち、ひいては自国日本に誇りを持てるようになると思います。そんな国にしたいですよね。
↓傑作のQ&Aです。
株式会社21の人事破壊
株式会社21のホームページ
@今日もありがとうございましたm(__)m
本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?
岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)
【関連記事が読めます】
精神病で町おこし!年商1億円の浦河べてるの家
日本理化学工業の伝説ストーリー 日本で一番大切にしたい会社
ネッツ南国で車が売れまくっている。伝説のカーディーラー
借金1億からの高級ハンドメイド家具屋さん 手ごろに買える一生使える家具
伝説の投資信託=鎌倉投信の古民家オフィスに行ってきました!
面白会社カヤック サイコロで給料を決めるイケてる会社
【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」
1日1クリックおねげぇします 岩崎は何位?→ 人気ブログランキング
トップページへ


カテゴリー: 働き方・起業・経営   パーマリンク

メガネ21は一般社員のボーナス569万円!会社に利益を残さない会社 への2件のコメント

  1. ダイチャン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    僕も以前、カンブリア宮殿で見ました!
    すばらしい仕組み、すばらしい企業ですよね。
    一つ重要だと思ったのは、オートクチュールのメガネが作れる
    いわゆるオンリーワンの技術を持っていること。
    6人の女性がいるおかげで社長が持ち回り制でしたよね、確か。
    とにかくすごい!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ダイチャンさん
    >一つ重要だと思ったのは、オートクチュールのメガネが作れる
    >いわゆるオンリーワンの技術を持っていること。
    なるほど!そうですね。これはすごく大切なことですね!
    ありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>