バタフライ効果(バタフライエフェクト) カオス理論

昨日の選挙を考える日に関連した話です。

うちの若いスタッフがこう言いました。
オレ一人が、選挙に行ったからって、一票じゃ何もかわらないから、意味ないんじゃないですか?

若者が選挙に行かない理由のベスト3に入る言い分だ(笑)

バタフライ効果っていうのを聞いたことがありますか?

エドワード・ノートン・ローレンツさんという気象学者が唱えた理論なのですが、「ある場所での蝶の羽ばたきが、そこから離れた場所の将来の天候に影響を及ぼすという」内容の理論です。

よく使われる表現が、
ブラジルで蝶が羽ばたくと、テキサスでトルネードが起きる
北京で蝶が羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起きる
アマゾンで蝶が羽ばたくと、シカゴでハリケーンが起きる
などです。

つまり、「ごくごく小さな要素であっても、その小さな要素の組み合わせは、未来に大きな影響を与える」という理論です。

そして、その結論は、「ゆえに正確な未来予想は不可能」ということになります。

この理論は、「カオス理論」と呼ばれています。カオス理論を端的に表したのが、バタフライ効果(バタフライエフェクト)なのです。

ブラジルでの蝶の羽ばたきが、テキサスでトルネードを引き起こすなら、ある一人の一票が、日本の政治を大きく変えることは十分にあり得ますよね?

ということで、「選挙に行きなさい!」と言っておきました(笑) まぁ、そのスタッフは、すごく素直な子なので、その後、選挙を考える日に、選挙のことを学んで、「投票に行きます!」と言ってました。

また、このバタフライ効果を聞き、10年先の具体的な目標を立てることは、あまり意味がないのかな~なんて思ったりもしています。

もちろん、10年先の具体的な目標や夢に向かって進むことは、すばらしいことです。ただ、うちのスタッフの中にも、10年後の目標や夢が、なかなか決まらなくて悩んでいる人がいます。

こうやって、10年先の目標や夢が決まらないで悩んでいる人は、別に決めなくていいんじゃないかなと思ったんです。だって、このバタフライ効果を考えれば、現時点で10年先の自分を予測するってのは、かなり難しいのかなと。自分の進むべき道は、毎日少しずつ何かに影響され、決まっていくんでしょう。だから、10年先の目標や夢が決まらないことをストレスに感じるぐらいなら、毎日一生懸命生きていたほうが、いいじゃないでしょうか

そうすれば当然、10年後は人間的に大きく成長しているんでしょう。

しかし、ただ毎日を一生懸命生きるってのも、何を一生懸命すればいいのかわからない、ということになりかねないと思います。そこで、自分のミッション(使命)を決めておけばいいじゃないでしょうか。

自分のミッション(使命)さえ決めておけば、いろいろな人や物、事件、感情に惑わされないと思うのです。

つまり、当社FLCのミッションは、「世界に笑顔を増やす」ということなので、あとは毎日毎日、「世界に笑顔を増やす」活動さえしていけば、10年後に大きなことができるのではないかと思っています。

そして、何か判断を迫られたときは、どっちのほうが「世界に笑顔が増えるの?」ということで、決めていけばいいと思っています。
これをミッション主義と言います。そう、勝手に読んでいるだけです(笑)

こう考え、うちのスタッフは全員、自分のミッションを持っています

ということで、バタフライ効果とミッション主義について考えてみました。

@今日もありがとうございましたm(__)m

本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?

岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)

【関連ブログ記事】
みんなで選挙に行こう! 20代・30代が選挙を考える日
「人生の目的」と「ワクワクする夢」は何ですか?
年収を増やす単純な方法
人生をかけた仕事じゃなきゃ、人を感動させられない。
公務員辞めて、良かった?
人並みよりちょっといい生活できればいいくらい

【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」

1日1クリックおねげぇします 岩崎は何位?→ 人気ブログランキング

トップページへ


カテゴリー: 使命と成功   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>