吉村医院・お産の家 感動のサービス 伝説の産婦人科

私にはもうすぐ2歳になる娘がいるんですが、この娘を取り上げたもらったのが、愛知県岡崎市にある「吉村医院・お産の家」という産婦人科です。
この「吉村医院・お産の家」は、伝説の産婦人科なのです(笑) 産婦人科業界ではもちろん有名ですし、妊婦さんが産婦人科選びをする際に、一度はこの吉村医院の話を聞いたりします。
院長の吉村先生が名物先生なのですが、テレビや雑誌にもよく出ています。また、書籍も数冊出版されています。
では、何が伝説なのか?
それは、日本の昔ながらの自然なお産・出産=自然分娩を徹底的に実践していることで有名なのです。
院内に「古屋」という茅葺(かやぶき)屋根の施設があるんですが、ここに妊婦さんが毎日集まってきて、まき割りぞうきん掛けをします。
吉村先生は、「健康な妊婦さんに安静は必要ない。昔の妊婦さんはよく働いた。だから、みんな安産だったんだ。」とおっしゃり、妊婦さんにガンガン運動するよう推奨しています。吉村先生曰く、「妊婦さんがしてはいけないことなどない」ということだそうです。
また吉村先生は、「赤ちゃんにもプライバシーがある」と言って、赤ちゃんの性別を教えてくれません。エコーを見るときは、天才的な手さばきで、赤ちゃんのお股が映らないようにやります(笑)
一番最初に吉村先生に会いに行ったとき、妻は妊娠5か月で、まだ会社で働いていました。そうしたら吉村先生に、「妊婦を働かすとは、何事じゃ!今すぐ辞めさせろ!お前が養ってやるんじゃ!」と怒られました。。。 本当にそう思います。妻にあんなしんどい思いをさせて会社に行かせてた自分が恥ずかしいです・・・
また、食生活も注意してくださって、「肉などは食べないように。日本古来の食べ物が一番病気をしない」と言ってくれました。
そして、そのとき僕はTシャツにジーパンで行ったのですが、「和服を着ろ。武士になれ。」と注意されました(笑) 先生は、いつも和服を着ています。吉村先生は75歳とは思えないほど、力強い印象を受けました。まさに、武士でしたね。
最初、妻は違う産婦人科がいいと言ってました。
「毎日まき割りを100回ぞうきん掛け200回なんてやりたくない!もっと楽でキレイな病院に行く!」と言っていたのを覚えています。
もっともな意見です。けど、僕がどうしても吉村医院で子供を産んでもらいたくて、妻を何度も説得したんです。あまりの僕の熱意に負けたのか、妻は「もう好きにして」と言ってくれました(笑)
喜んで吉村医院に電話をすると、「その予定日は、もういっぱいです。」と言われてしまいます。
そう、吉村医院はすごく人気がある産婦人科なのです。愛知県岡崎市にあるにもかかわらず、全国各地からわざわざやって来る妊婦さんがいるのです。
しかし、僕はどうしても諦められません。
何回か吉村医院に電話をして、何とか無理矢理にオッケーをもらいました。本当にありがたいです(^_^;)
妻の実家は、一応岡崎市なのですが、その実家から吉村医院までは、車で20分ぐらいかかります。
僕は、妻は吉村医院まで毎日車で行くと思っていました。それがなんと、妻は毎日3時間(1時間30分×往復)をかけて吉村医院と実家を往復して通うようにしたのです! そして、ちゃんと毎日まき割りを100回ぞうきん掛けを200回やっていたそうです。
この話を聞いて、僕は本当に感動しました(T_T)
で、僕も実際にどれだけ辛いか試してみようと思い、まき割りとぞうきん掛けをやったのです。
吉村医院・お産の家 まき割り 岩崎聖侍
吉村医院・お産の家 ぞうきん掛け 岩崎聖侍
吉村医院・お産の家 まき割り
手前にいるのが、妻です。ノーメイクのため、画像を修正しました(笑)
はっきりいって、メチャメチャ辛かったです。高校・大学と7年間ラグビーをやってきた僕ですら、メチャメチャ辛かったです。
このとき確信しました、「もう妻には、何も言えなくなる」と(笑)
そして、この割ったまきで、古屋に毎日来て下さっているスタッフの方がお昼ごはんを作ってくれます。僕もこのご飯を食べたのですが、うますぎです。当然、肉なんか出てきませんが、こんなうまいご飯を食べたのは、今までの人生で何度もないです。
吉村医院・お産の家「古屋のご飯」
これがご飯。妊婦さんたちは、大盛りのご飯を、バクバク食べていました。
僕がどうしても吉村医院で産んでもらいたいと思ったのは、究極の自然分娩だからです。吉村医院では、陣痛誘発剤・強化剤を使いません。予定日が過ぎようと「まだ赤ちゃんが出たいと言っておらん。」の一言で終わりです。
自然に産まれてくるのに任せるので、赤ちゃんたちの生まれる時間が、みんな同じになっていきます。特に、満月や新月の時は、生まれる赤ちゃんが増えるようです。
また、会陰切開や帝王切開もまずしません。
僕たちは和室での出産を選んだのですが、ここではどんな体勢でもOKです。一番楽な体勢で分娩ができます。この部屋はうす暗く、音楽がかかっています。もちろん、僕は立ち合いました。
妻は、21時頃に陣痛が始まり、この部屋に入りました。で、娘が産まれたのは翌日の午前11時26分。そう、妻は14時間以上、陣痛と戦ったのです。
この間、何もできずに、ただ泣き、手だけを握っていた僕・・・
この体験以後、子供産んだ女性を見ると、それだけで感動してしまうようになりました(笑)
吉村医院では、赤ちゃんが生まれたら、すぐに裸のお母さんの胸に乗っけます。そして、初乳をあげます。赤ちゃんは何も教えていないのに、お母さんのおっぱいを探し、それをくわえるのです。
それを見て僕は感動し、また泣きます・・・
その後、僕がへその緒を切ったのですが、あの堅いへその緒をハサミで切った感触は、今でもこの手に残っています。
吉村先生は、「女性の産道は、宇宙とつながっている」とおっしゃっています。
この言葉を最初に聞いた僕は、さっぱり意味がわかりませんでした。しかし、妻の出産に立ち会って、吉村先生の言う意味が少しわかったような気がします。なぜなら、こんな神秘的な体験をしたのは、生まれて初めてだったからです。産道から赤ちゃんが産まれてくる、立ち会った今でも不思議です。本当にすばらしい経験でした。
14時間もかかって、安産じゃなかったじゃん!」と妻に言われましたが、吉村医院だから自然分娩でいけたと思っています。他の病院なら、14時間も待ってくれず、会陰切開や帝王切開、吸引分娩を行われていたような気がします。
そういう意味で、本当に吉村医院で良かったです。
ちなにみ、上記は医療行為です。医療行為を行えば、保険が効きます。吉村医院は、ほとんど医療行為を行わないので、保険請求ができなく、あまり儲からないそうです(笑)
吉村医院は完全母乳です。母乳以外は、あげてはいけないと言われます。
また、家族は生まれてすぐに、一緒に部屋に泊まれます。お母さんと赤ちゃん、お父さんが和室で一緒に寝るのです。これは、すばらしい体験でした。
で、これが無事に生まれた娘です↓↓
岩崎聖侍
娘が産まれたメールを、ホントにこの写真を添付して送ったのですが、大勢の方から「パパにそっくりだね」とか、「デカッ!」という返信メールをもらいました。本当にうれしかったです。
ちなみに、この写真を撮るため、産まれたばかり赤ちゃんと、産んだばかりの妻ベットからどかせて、ヘロヘロになっている妻に、写真を撮ってもらったという伝説の一枚です(笑)
吉村医院は、宣伝や広告は出していません。それでも、いつも予約でいっぱいです。そして、一度吉村医院で産むと、次も吉村医院で産む方が、すごく多いそうです。つまり、口コミとリピーターで続く、最強のモデルになっています。
吉村医院のホームページ>>
@今日もありがとうございましたm(__)m
本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?
岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)
【関連記事が読めます】
ディズニーランドの伝説ストーリー 大人が頼んだお子様ランチ
感動のサービス 「あざみ野のケーキ屋さん」
天職に就いていますか? あなたのNo.1の個性=魅力とは?
ドリームプラン・プレゼンテーション(福島正伸さん) 営業なしで売れる商品
居酒屋てっぺん 大嶋啓介さん 居酒屋の朝礼に全国から1万人が参加
古野隆雄さん(農家) 「アイガモ農法」で世界で最も傑出した社会起業家の一人
【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」
1日1クリックおねげぇします 岩崎は何位?→ 人気ブログランキング
トップページへ


カテゴリー: ビジネスモデル   パーマリンク

吉村医院・お産の家 感動のサービス 伝説の産婦人科 への6件のコメント

  1. 金子 浩之 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お~!
    吉村医院で出産されたんですね。
    私の妻も吉村医院で生みたいと言ってました。
    昔は、促進剤や帝王切開なんてなかったのでしょうね。やっぱり自然が一番。というか、女性には、もともと産める力が備わっているのですね。
    母親強し!

  2. あつこ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    奥様14時間も苦しい思いをしたなんて。決して美談ではないですよ。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >あつこさん
    はい、確かに美談ではないですね(^_^;)
    ただ、自分も妻も、吉村さんで産んで、本当に良かったと思っています。
    ありがとうございます。

  4. fuuumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    まだ出産経験はないのですが、吉村医院のことを調べていて辿り着きました。
    娘さんへの愛情がたっぷり感じられる記事で、奥様も娘さんもお幸せだなと思いました。
    女性の神秘性に気づけた男性は、その後の人生がうまくいくと思います。
    吉村医院体験談を読みたかったので、とても参考になりました。
    ありがとうございます。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >fuuumiさん
    ありがとうございます。
    一度見学に行かれると、より雰囲気がわかると思います。
    吉村先生は、侍です(笑)
    ありがとうございます。

  6. くらら より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私も吉村医院で二人の子のお産をしました。
    読んでいて、うんうん!とうなずけるところばかり。
    しかも旦那さんの方が強く勧められたというご縁にも感動しています。
    私の体験談もレポートしたいなと思いました。
    ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>