風俗業界から学ぶマーケティング「人間のニーズは無限大」

人間のニーズは、本当に無限大、というお話です。

これだけ多様化した社会では、狭すぎる(ニッチすぎる)ジャンルなんて、ないのかもしれません。

もちろん、企業をスケールさせる(大きくする)ことを一番優先する場合や、大企業は大きな市場を取らないといけないので、狭すぎるジャンルにはいけません。

しかし、スモールビジネスを考えている人にとって、今は、どんなニッチなジャンルでも収益をあげ、利益を出していけると思います。逆に、ライバルが少ないので、こういうニッチ過ぎるジャンルのほうが、有利な面もあると思います。

ということで、風俗業界から、「人間のニーズは無限大」ということを再確認していきましょう。

■女性のあらゆる匂いを嗅ぐことができる匂いフェチ専門店「えっちなかおり」というお店があります。

ここでは、蒸れたパンスト・ブーツ、湿った股間、口臭、ワキ、汗などなど、いろいろな女性の匂いが、かげるんです。

この店の常連客の方は
「AVを見たって匂いは嗅げません(笑) だから、匂いフェチは風俗店を利用するしかないんです。でも、普通のお店でオプションとして用意されている匂いプレイでは、ぜんぜん物足りない。だけど、ここに来れば、ヘソの匂いや足裏、ワキガの匂いも、とことん嗅ぐことができます。しかも、ちゃんと好みの匂いが嗅げるんだからたまりませんね。」
と言っています。

しかし、働いている女の子は、自分の匂いをかがれて、恥ずかしくないのか?

同店で人気の女の子は
「小さい頃から体臭がキツいとわかっていて、ずっとコンプレックスだったんです。風俗店で働き始めても、自分の匂いがいつも気になって・・・。だけど、ここではそんな匂いをお客さんが喜んでくれる。だから私も嬉しくて、この仕事が楽しくて仕方ありません。最近は、オナラを嗅がせてくれってお客さんがいてビックリしました(笑)。意識的に出せるものじゃないですから、結局、4時間くらいかかったかな。それでも優しい言葉をかけてくれて、ずっと待っててくれるんですから、嬉しい限りです」
とのことです。

日刊SPA 匂いフェチ風俗嬢が告白「嫌だった自分の体臭も、いまは喜んで貰える」引用

いや~、本当に、人間のニーズは無限大ですね。そりゃ、お金を払って、蹴ってもらったり、ムチで叩かれたい人がいるんですが、どんなニーズもありますよね。

もう一点紹介するのは、

■鶯谷デッドボール

この店で働いている女の子は、他の風俗店で、何度も面接を断られたり、クレームをもらって辞めさせられたりした子たちだけです。

キャッチコピーは、「レベルの低さ日本一」

もう、何のための風俗か、よくわかりません(笑)

しかし、この店も繁盛しているそうです。罰ゲームなどでの利用も、多いみたいです。

こうやって、今まで「不必要」と考えられてたものが、必要になり、さらにはお金を稼げるようになるのですから、ビジネスって面白いです。

つまり、ビジネスがうまくいかないのは、ほとんどの場合、アイデアが不足しています。

多くの人が、資金や人が不足しているからビジネスがうまくいかないと考えますが、実際は、不足しているのはいつも、アイデアなんですね。

@今日もありがとうございましたm(__)m

【関連記事が読めます】
まずくても潰れないラーメン屋の特徴|日本一まずいラーメン屋
石ころを売って億万長者「ペットロック」|市場調査は意味がない?
こんな本でもベストセラー「男性が知っている女性のすべて」が書かれている本
驚愕のペットビジネス ペット専用の航空会社ペット・エアウェイズ
まりもっこり ヒット商品の謎

当ブログ「人気の記事ランキング」

本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?

岩崎聖侍のFaceBook Feed購読してください

マーケッター岩崎聖侍のブログのトップページへ


カテゴリー: ビジネスモデル   パーマリンク

コメントは受け付けていません。