カテゴリー別アーカイブ: 政治

国会議員の給料・年収って知っていますか?

今日は衆議院議員総選挙の投票日ですね。

たくさん言いたいことはありますが、一つだけ言わせてください。

「20代、30代よ、自分たちのために絶対に誰かに投票して!」
ということです。

なぜなら、20代、30代が投票すれば、政治が変わるからです。

国会議員の年収(給料)は約2800万円です(平成19年の推定。これは経費を引いていないので、会社でいう売上みたいなものですが)。

選挙に当選すれば年収が2800万円で、周りの人に「先生、先生」とチヤホヤされる。逆に選挙に落ちれば、多くの現国会議員は、いい歳して無職です。

この天と地との差がわかりますか?

あなたが家族を持った政治家なら、絶対に当選したいですよね?

ここで、「年齢別の投票率」を見てみます。前回の平成19年の衆議院議員選挙では、70代71%、60代84%、50代79%、40代72%、30代63%、20代49%となっています。
http://www.akaruisenkyo.or.jp/070various/071syugi/693/

さらに、これらの世代で、一番人口が少ないのは20代です。
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2011np/index.htm

つまり、20代は人口が少なくて、さらに投票する人が半分しかいない。

死に物狂いで当選したいと思っている政治家の方は、20代に響くメッセージを出すでしょうか?

僕なら絶対に、人口が多くて、投票率も高い60代に響く言葉を使います。そして、当選したら、次回の選挙のために、60代に響く行動をするでしょう。つまり、60代が得をして、20代が割を食う政治を行うのです。

日本の政治が、若い人によくわからなくて変わらないのは、20代、30代の投票率が低いからです。

20代、30代の投票率が95%になったら、日本の政治家は変わらざるを得ません。

多くの政治家は、このまま20代には投票して欲しくないのです。

「オレが1票入れたところで、何もかわらないし」と思っている20代の方。

そう、これは20代に投票して欲しくない人が広めた言葉です。

その言葉に安易に乗っかって投票しないのは自由ですが、間違いなく割を食うのは20代です。

物事は、急に変化しません。

確かに、今回のあなたの1票は、あまりインパクトがないものになってしまうかもしれません。しかし、あなたの1票は、あなたの友達の1票につながり、その友達の友達の1票につながります。そうすれば、10年後、日本の政治は少し変わったものになっているかもしれません。

「善きことは、カタツムリの速度で動く」

非暴力でインドを独立に導いた、マハトマ・ガンディーの言葉です。

動かないよりは、1ミリでもいいから良い方向に動いたらなと切に願います。

下記サイトは、全選挙区の立候補者と、その人がどういうことを考えているかのアンケートが載っています。是非、自分の選挙区の候補者を見て、一番応援したい人に1票入れてください。
ちなみに、ここは僕の選挙区です。
http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kouji_area_ichiran.html?aid=A14007

インターネットで、特定の候補者を応援したり、誰に投票したかを言うと、公職選挙法違反になります。とっても、ふざけた法律です。

これも、20代の投票率を上げないためです。

ちなみに僕は、「今回は」自分より若い人に投票したいです。


カテゴリー: 政治 | 国会議員の給料・年収って知っていますか? はコメントを受け付けていません。