カテゴリー別アーカイブ: カンボジアでの挑戦

ボランティアで関わったカンボジア。ボランティアでは、何も変わらないと感じ、今はみんなでビジネスしています。

日本のありがたみを再確認する旅「SMILEJPスタディーツアー」

カンボジアSMILEJPスタディーツアー

日本のありがたみを再確認する旅「SMILEJPスタディーツアー」は、明日最終日ですが、僕は外せない仕事があるため、本日帰国します。

参加してくれた人たちが、毎日、たくましく変わっていくのを目の当たりにして、本当に感動したし、このツアーをやってよかったなと、今、思っています。

このツアーはカンボジアの首都、プノンペンからスタートしました。

最初のディナーは、最高級の中華。これをカンボジア価格でいただきました。

そして、そのままカジノに行き、カンボジアの最高級KTB=最高級キャバクラにも行きました。女性陣も、なかなか普段、足を踏み入れない場所なので、いろいろと学びになったと思います。そして、ホステスさんの給料体系や、その安さに衝撃を受けていました。

翌日は、ポルポト時代に大量拷問、大量殺戮が行われたキリング・フィールド、トゥールスレンの見学。参加者は、目を覆いたくなる過去の出来事に真摯に向きあい、ヘロヘロになっていました。

しかし、そのヘロヘロのまま、カンボジアに単身乗り込んできた「サムライ・シェフ」加茂さんの最高級フレンチを食べに行きます。今回、はじめて高級フレンチを食べた子もいて、みんなそのおいしさに腰砕け状態。

というように、このツアー、毎日、感情の起伏がすごい。。。

そして、貧素なバスに乗り込み、シェムリアップまで7時間の旅。道中、多くの日本人が嫌がる、「孵化しかけた卵」ポンティアコンも、全員、食べました。

シェムリアップ到着後は、ローカル向けのお店で、汗を吹き出しながら鍋を食べました。

翌日は、孤児院へ。

孤児院の子どもたちの笑顔に触れて、イメージしていたものとのギャップに、みんな何かを感じたと思います。

子どもたちと本氣で遊び、一緒にご飯を食べ、一緒にお昼寝をしました。

そして、その夜は、カンボジアの民家に宿泊。電気はない。敷き布団もない。巨大な虫はいる。。。 日本の快適な生活のありがたみを、再確認せざるを得なかったと思います。

翌日は、カンボジア人の憩いの場、西バライ(海みたいな湖)へ。激ウマのマンゴー(100円)を食べたかと思ったら、今度は、巨大コオロギ・・・ みんな最初は嫌がっていましたが、一つ食べると、「おいしい、おいしい」と病みつきになって、巨大コオロギをパクパク食べていました。

そして、その夜は、カンボジアの夕日を見ながら、BBQ。BBQで食べる鶏を、参加者自らしめる体験をしました。命をちょうだいする重み、ありがたみを再確認できたと思います。

そのあと、1時間5ドル(500円)の全身マッサージを受けて、その気持ちのよさと、その料金の安さに驚愕を受けました。それだけ安いということは、働いている人もそれだけ低賃金だということです。

ただ単に「日本に生まれたか」、「カンボジアに生まれたか」の違いで、1時間働いてもらえるお金が、これだけ違うことに、また何かを感じたでしょう。

そして昨日は、アンコールワット。900年前に、こんなとんでもない寺院をつくったという事実に、ただただ驚愕。

その後、カンボジアに移住して18年、伝説の日本人、狐塚さんのBarで、狐塚さんの話を聞きながら、お酒を飲みました。

ここでは狐塚さんの話から、参加者の話になり、全員、今の悩みとか、迷いとか、将来のこととかを、語り合いました。自分がなんとなく思っていることをみんなに話すことで、自分の中にあった殻が、バリバリと音を立てて、割れていったのを、実感したと思います。

今日も、地雷博物館などに行って、いろいろなことを感じるでしょう。

ここに書いてあることは、ネットを見れば、全部、情報として入手できます。写真もたくさんあるでしょう。

でも、情報だけで感じるのと、実際に体験してみるのでは、雲泥の差があります。

それは、今回の参加者全員が、何より、痛感しているのではないでしょうか。

参加したみんなは、明らかにたくましくなったし、感受性が豊かになりました。そして、「行動」すること、「体験」することの尊さを、感じたと思います。その結果、自分の視野が広がっていったはずです。

どうか、その気持ち、好奇心を忘れずに、どんどん興味がある新しいことに挑戦していって欲しいです。

日本国内にいると、日本に対するネガティブな報道に接する機会が多く、なんだか暗い氣持ちになることもあるでしょう。しかし、僕は、今でも日本は世界一の素敵な国だと思うし、これからもそういう国にしていきたいです。

だからこそ、このSMILEJPツアーも、続けたいなぁと思っています。

しんちゃん、ヨッシ、みっしーな、よしろー、しぃーちゃん、まぁーちゃん、勇氣を出して、このツアーに参加してくれてありがとう。

僕は、みんなからいろいろな刺激を受け、本当に勉強させてもらいました。

また日本に帰れば、現実という大きな壁が、みんなの前に立ちはだかると思います。

そんなときは、是非、相談してください。

いいアドバイスなんてできませんが、ご飯ぐらい、ごちそうします。

本当に、一週間、ありがとう(^^)

将来に対して、何かモヤモヤしてものがある方へ。

考えていても、あまり前に進めないと思います。

是非、視野が広がる場所に、行ってみてください。

SMILEJPスタディーツアーは、あなたの視野を広げ、あなたが変わるキッカケを提供することを目指しています。

★毎月、開催中↓↓★
セカ就とは?就活か転職かセカ就で迷った時に行くセミナー

海外ボランティアよりカンボジアのKAERUスクール

今回のツアーで、子供たちにしぃーちゃんが歌を歌ってくれました。

岩崎聖侍のブログ「人気の記事ランキング」

本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?

岩崎聖侍のFaceBook Feed購読してください

岩崎聖侍のTwitter フォロミー(T_T)

トップページへ


カテゴリー: カンボジアでの挑戦 | 日本のありがたみを再確認する旅「SMILEJPスタディーツアー」 はコメントを受け付けていません。

Mr.サンデー起業家特集 当社カンボジアSMILEJP山田史織出演

養豚ガール山田史織

今、妻と子供たちが妻の実家に向けて出発しました。つまり、今から、僕の今年が始まります。

あと3日間で、今日までの362日を超えてみせます。

今年も年越しSEOやるぜ。

さてさて、

1月6日(日)の21:00~23:09にフジテレビ「Mr.サンデー」新春特別版(海外で戦う日本人)で当社カンボジアSMILEJPの養豚ガールこと山田史織が特集されます。

養豚も未経験、英語も話せないままカンボジアに飛び込んだ山田史織。

番組は、まじめなドキュメンタリーですが、しお(山田史織)の撮影のときは、カメラマンやディレクターの方が、常に爆笑だったらしいです。ディレクターさんが「バラエティ番組なら、どんなに良かったか・・・」と愚痴をこぼしたとか。

大企業に就職したほうがいいとか、ベンチャー企業に入るのが一番とか、海外で働いたほうがいいとか、いろいろ迷っている人もいると思います。僕はどれがいいかなんて言うつもりはありません。どれも自分の取り組みかた次第で、天職になると思っています。

それをこの番組を通して、見てもらいたいです。劣悪な環境でも、日本の給料の半分ももらえなくても、心の底から楽しんで働いている女の子がここにいます。是非、そんな姿を見てやってくださいm(__)m

僕たち、日本人が忘れかけている「働く=生きる」ことが、映し出されると思います。

また、同じくMr.サンデーで特集される一流大学を中退して、カンボジアで起業した21歳大濱くんと一緒に、しおが講演会をすることになりました。

養豚ガール山田史織と
一流大学を中退してカンボジアで起業した21歳大濱裕貴氏の
講演会「東南アジアで働くということ」
2013年1月12日(土) 午後2時~4時30分

良かったら、ご参加ください。

ろんもち、僕も”司会”として参加します(笑)

詳細はこちらです。
■>>山田史織 講演会「東南アジアで働くということ」


カテゴリー: カンボジアでの挑戦 | Mr.サンデー起業家特集 当社カンボジアSMILEJP山田史織出演 はコメントを受け付けていません。

カンボジアへ出発

日本でやり残したことがたくさんですが、カンボジアに向かいます。

毎回、家を守ってくれる妻と、会社を守ってくれるキャストに感謝感謝です。

今回は、決断することがたくさんあるので、毎日、養豚ガールと夜遅くまでミーティングします。一歩も事務所から出ません。

また、飛行機だと時間がかかるので、今回は、政府が極秘に進めているプロジェクト、ミサイルジェット機で、シェムリアップまで向かいます。

僕がこれに乗って行ったことは、誰にも言わないでください。

このミサイルジェット機だと、国会議事堂からカンボジアまで、12時間で行きます。

---------------------------

2012年11月12日午前6時

カンボジア到着直前に、ミサイルジェット機が故障してしまいました・・・

現在修理中です。

最先端かつ、極秘のジェット機のため、わざわざ日本から技術者が来てくれて、直しています。

---------------------------

2012年11月12日午前9時

カンボジアに無事に到着しました。

しかし、ミサイルジェット機のパワーはすごかったです。

【関連記事が読めます】

岩崎聖侍のブログ「人気の記事ランキング」

岩崎聖侍のFaceBook Feed購読してください

岩崎聖侍のTwitter フォロミー(T_T)

岩崎聖侍の著書一覧


カテゴリー: カンボジアでの挑戦 | カンボジアへ出発 はコメントを受け付けていません。

どうせ一回きりの人生なら、アホな伝説を創りたい

今日は大阪出張でした。急きょ、今、東京に帰っています。

大阪ミーティングの前に、養豚ガールに続き

テレビも無ェ ラジオも無ェ
クルマもそれほど走って無ェ

ピアノも無ェ バーも無ェ
おまわり 毎日ぐーるぐる

朝起ぎで 牛連れで
二時間ちょっとの散歩道

電話も無ェ ガスも無ェ
バスは一日一度来る

私 カンボジア好きだ~
私 カンボジア好きだ~
カンボジアへ出るだ~
カンボジアへ出だなら銭コァ貯めで
カンボジアでベコ(牛)飼うだ~ガールのみなみちゃんと打合せ。

20代の女の子が、カンボジアで豚飼ったり、牛飼ったり、世も末だね~(笑)

でも、こういう流れは止められません。時代は大きく動いています。

大手企業に就職することも素晴らしいですが、こういう生き方も選択できる時代になってきました。

どうせ一回きりの人生なら、アホな伝説を創りたい。

そんな人を、日本に増やしたいですね。

あざっす!


カテゴリー: カンボジアでの挑戦 | どうせ一回きりの人生なら、アホな伝説を創りたい はコメントを受け付けていません。

なぜ僕たちはカンボジアでビジネスをするのか?

養豚ガールの憂鬱

ハノイ経由で、カンボジアから日本に帰ります。

今回も激動の6日間。毎日、養豚ガールとミーティングして、毎日いろいろな現地人に話を聞いた。

日本と文化の違う海外でビジネスをやることは、本当に、本当に、難しい… ましてや、養豚って、本当にわからん(笑) 日本で稼ぐほうが遥かに楽だ。

じゃあ、なんで僕たちはカンボジアでビジネスをするのか?

そんなことを、毎日、養豚ガールと話した。

結局、突き詰めると、僕たちはカンボジアが大好きで、カンボジア人のスタッフと一緒に、ガッツポーズするぐらい成功したいってことなんだ。

誰のせいかはわからないけど、こんな発展の遅れた負け組国家のカンボジアで、一矢報いたい。

その裏には、日本人が関わっていたらしいよ。「やっぱり、日本人って、カッコいいよね」

10年後、そんな噂を残せればいい。

どんな状況でも、前向きに考える養豚ガールには、本当に学ぶことしかない。

毎日、無茶ぶりで、ごめんね。

なんか、器の小さい社長で、申し訳ない。

自分の力不足を痛感して、学ぶことが本当に多い6日間でした。

ありがとうございました。

ちきしょー、やるしかないな…

↓カンボジアに興味がある方は
カンボジア進出セミナー


カテゴリー: カンボジアでの挑戦 | コメントをどうぞ