月別アーカイブ: 2014年3月

三流大学の代名詞?「亜細亜大学」の戦い方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この前、ある雑誌を見ていたら、三流大学の代名詞として、我が母校、亜細亜大学が取り上げられていた。

就職活動では、MARCH(マーチ:明治、青学、立教、中央、法政)以上じゃないと、意味がないとか。

いやいや、いやいや、全然わかっていないから!!

一流大学の代名詞、東京大学とか京都大学とか、ただのいち都市じゃん。見てるところ、小さいねん。

こっちは、アジアだし。わかる? この見てる先のスケール感。グローバル化とか、アジアの時代とか、60年前から意識してたっちゅうねん!

あとさ、卒業生とかも、スケール違うし。

吉岡秀隆(中退)
石田ひかり
ベッキー
松たか子(中退)
加藤あい
岡田将生(中退)
岩崎聖二

どうすか?このスターな感じ。
中退が多いのは、亜細亜入ると、メチャメチャ売れちゃうから。

ということで、亜細亜大学の事務局の方。もしこれをご覧になられていたら、私を、マーケティングディレクターとして任命してください。

受験者、殺到させます。

これからの時代は、大学も一つのテーマに絞って、そこを深く、深く行かないと、なかなか学生を呼べません。

一流大学が持っているような一般的な学部はバッサリと捨てて、留学制度や豊富な語学を学べることを一番の強みに、東南アジアで働く人を育成するとか、日本で起業したい東南アジアの学生なんかを集めて、名前通りのアジアに強い「亜細亜」大学を目指すべきだと思います。

@今日もありがとうございましたm(__)m

【関連記事が読めます】
マーケティングとは自分の居場所をつくること
驚愕のペットビジネス ペット専用の航空会社ペット・エアウェイズ
まずくても潰れないラーメン屋の特徴|日本一まずいラーメン屋


カテゴリー: マーケティング戦略 | 三流大学の代名詞?「亜細亜大学」の戦い方 はコメントを受け付けていません。