月別アーカイブ: 2013年9月

楽しい会社や人は成功する。天の岩戸開き

「天の岩戸開き(あまのいわとびらき)」という神話を知っていますか?
------------------------
スサノオさまという神が、あちこちでイタズラを働きます。これに怒った他の神様は、天照大神(アマテラスオオミカミ)さまに「どうにかしてくれ」と苦情を言います。しかし、天照大神さまは「まぁ、スサノオも何かイライラすることがあったんだろう」と言って、大目に見ています。
しかし、スサノオさまのイタズラは止まらず、このイタズラによって天照大神さまの大切な人が死んでしまいます
天照大神さまは、さすがにブチ切れて、天の岩戸(あまのいわと)に引きこもってしまいました。
太陽神である天照大神さまが天の岩戸に引きこもってしまったので、世界中は闇に閉ざされてしまいました。
世界が闇に閉ざされたことによって、たくさんの禍(わざわい)が起こってします。
このままではマズイと、多くの神様が集まって
「どうにかして天照大神を、天の岩戸から外に出そう」
と、いろいろな作戦を考えます。
みんなで「火事だー!」と大声を出したり、おいしい物を作って匂いでおびき寄せようとしますが、天照大神さまは、まったく出てくる気配がありません。
「弱ったな~」と神様たちが悩んでいると、一人の神様が
「そうだ、天の岩戸の前で大宴会をして、天照大神を誘い出そう!」という提案をします。
この提案に神様たちは乗り、さっそく大宴会を始めます。
「ドンチャン・ドンチャン、ワッハッハー」という楽しそうな音が天の岩戸の中にいる天照大神さまに聞こえてきます。
天照大神さまは
「なぜ世の中が真っ暗だというのに、外はこんなに楽しそうなんだ?」
と戸に近寄り、耳を立てます。
そして、宴会がだいぶ盛り上がってきたときに、女神であるアメノウズメさまが、なんと服を脱ぎ始めました(笑) そして、裸になり踊ったのです。日本初のストリップです(笑)
このストリップに他の神様たちは大爆笑して、みんなで一緒にお踊り始めたのです。
この外の大興奮に、さすがに天照大神さまも我慢できなくなってしまい、天の岩戸から外に出てしまいます。気がつけば、天照大神さまも一緒に踊っていたそうです。
こうして、世界に光が戻ったのでした。
------------------------
というお話です。
神様も、楽しい場所が好きなんですね~(笑)
うちの子供は、すべり台が大好きです。しかし、公園に行って、すべり台があっても、他の遊戯で楽しそうに遊んでいる子供たちがいたら、そちらに行きます。
また、お友達が楽しそうに遊んでいるおもちゃを、すぐに取ろうとします。
そう、子供も神様も、人が楽しそうにやっていることに、メチャメチャ興味があるということなんです。
これはすごい重要なことですよね。
スタッフ全員が楽しそうに仕事をしている会社には、当然多くの人が集まります。それは、お客さんであり、取引先であり、この会社で働きたいと思う人であり。
楽しく仕事をする、楽しく生きるということが、どれだけの会社の宣伝になるかということです。
どんな優れた商品・広告より、スタッフ全員が本当に心から楽しそうに仕事をしていることほど、会社の売上に貢献するものはありません。
仕事は、いかに楽しそうにやるかですね。

岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)
【関連記事が読めます】
さて、クイズの時間です。
【当ブログの人気記事ランキング】


カテゴリー: 働き方・起業・経営 | コメントをどうぞ