月別アーカイブ: 2010年8月

カンボジア・プノンペンにやってきました!

ベトナム・ホーチミンからバスに乗り、7時間かけてやってきましたカンボジアのプノンペン!貧しい国「カンボジア」というイメージを持っていた男3人は、初めてカンボジアに来て、いったい何を感じたのか!? カンボジア・プノンペンにあるホテルから生中継です。

@今日もありがとうございましたm(__)m

本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?

岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)
【関連記事が読めます】

マイクロクレジット in シェムリアップ 貧しいですが、ここには希望がある
【当ブログの人気記事ランキング】

ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」

トップページへ


カテゴリー: 旅とグルメ紀行 | コメントをどうぞ

ベトナム・ホーチミンにやってきました!

本日から、ベトナムのホーチミンに来ています。とにかく、ホーチミンは、いい意味でも悪い意味でも、勢いがある都市です。すごいです。

本日は、タクシーに2回ボッタくられ、戦争証跡博物館で、おぞましい現実を見て、もうみんなクタクタです。。。 がしかし、今日は絶対、岩崎聖侍のオールナイトスッポンをやると決めていたので、一緒に旅している4人で、ぶっかましました。恥ずかしいので、ご覧にならなくてけっこうです(笑)

やってきました、ベトナム・ホーチミン。しかし、到着するなりタクシーにボッたくられ、次に乗ったタクシーにもボッたくられ・・・ もう大変でした(笑) そして、ホーチミンの戦争博物館では、枯葉剤の影響で生まれた子供たちの写真を見て・・・ 人間やめたくなりました。。。 ベトナム・ホーチミンにあるホテルから生中継です。

@今日もありがとうございましたm(__)m
本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?

岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)

【関連記事が読めます】
マイクロクレジット in シェムリアップ 貧しいですが、ここには希望がある

【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」

トップページへ


カテゴリー: 旅とグルメ紀行 | 5件のコメント

「最後のお願い」スクランブル交差点で会いましょう!

カンボジアの孤児院の子供たち50人を日本に招待するイベント、将来、カンボジアが日本のような豊かな国になることを目指すスタディーツアーがついに、ついに1ヶ月後となりました!

本当に多くの方々に支えられて、そして、多くの方が申込をしてくださっています!!!

現在の確定ボランティア参加者
9月3日(金) 20名
9月4日(土) 65名
9月5日(日) 30名
9月6日(月) 28名
9月7日(火) 15名

もう「ありがとうございます」という言葉以外、見つかりません。

当初、まぁ今も、このイベントは、多くの批判をいただきました。
「そんなお金があるなら、もっと学校作ってあげろ!」
「1回限り日本に呼んでも、子供たちがかわいそうなだけだ!」

僕なりに悩み、寝れない夜も1日じゃありませんでした。「自分が間違っているのかもしれない」と、何度も自問自答を繰り返しました。
しかし、それでもここまでやれたのは、応援してくださったみなさま、参加表明してくださったみなさま、そして、カンボジアの子供たちがいたからです。

KENGOさん(カンボジアのディレクター)からは、「カンボジアの子供たちは、毎日、日本語の勉強を頑張っている。日本で披露するダンス・歌も一生懸命練習している。日本に行けることを、本当に心から楽しみにしている。オレたちは間違っていない。信じてやろうぜ。頑張れ」と言ってくださいました。

参加してくださる方は、「楽しみにしています。大変だけど、がんばってください」と言ってくださいました。

そして、高校3年生の女の子が、”一人“で申し込んでくれました! ”高校1年生の女の子“も参加してくれます。

さらには、ある大学生から、「自分は当日行けないので、せめて寄付だけでも」と、1万円寄付してくれました。大学生ですよ!!

他にも、100万円を寄付してくれた方が2名もいます。10万円を寄付してくれた方もいらっしゃいます。自分は行けないからということで、寄付をしてくださった方は、何名もいらっしゃいます。この人たちは、けっしてお金持ちじゃありません。普通の方です。普段から質素な生活をして、貯めたお金を寄付してくださったのです。

10円安く買う方法を必死に考えているこの時代に、100名以上の方が、お金を払って、ボランティアに参加してくれるのです。

もう「ありがとうございます」という言葉以外、見つかりません。

そして、昨年、一緒にディズニーランドに行った川崎愛児園の子供たちにも、カンボジアの子供たちの話をしました。
川崎愛児園の子供たちも、親と離れ離れに暮らしている子供たちです。自分たちと同じように親とは一緒に暮らせない子供たちだけど、まったく違う環境の子供たちがいることを知って、同情する子や泣く子もいました。

僕は言いました。「でも、この子たちは、みんな笑顔で一生懸命生きている。かわいそうなんかじゃない。君たちも、この子たちと一緒に遊んでくれないか?」と、そうしたら
「やる!やる!やる!!」
「わたし、踊る、踊る!」
「カンボジア語の歌を歌う!」
など、みんなが一緒に遊んでくれることを約束してくれたのです。

また、川崎市宮前区宮前平小学校の校長先生も、「うちの子供たちと交流してもらいたい」と言ってくださいました。一緒にカンボジアや日本のことを学んで、1年生~6年生の生徒、カンボジアの子ども、ボランティアの大人、みんなで日本の給食を食べます!!

東証1部上場企業で日本を代表するような会社が、オフィスを見学していいと言ってくれました。

子供たちに、食事をごちそうしてくれる方もいらっしゃいます。

ブラジルで何千人もの人をボランティアで見てくださったカイロプラクティックの先生たちも、今回協力してくれることになりました。

そうやって、多くの人の善意に、ただただ感謝していたら、今日、ちょうど1ヶ月前を迎えていたのです。そして、もう僕がこのプロジェクトを止めることができなくなっていました(笑)

現在の状況は、明日、やっと、やっと、やっと、パスポートが取れそうです!!!!

4月20日からパスポート取得に向けて、動き始めましたが、3カ月半かかりました。パスポートを取るのに、本当に多くの困難がありました。現地のディレクターであるKENGOさんや、孤児院の理事長や、孤児院の業務全般を担っているフィフォンには、たくさんの迷惑をかけました。ごめんなさい(>_<) 結局、パスポートを取るのに、ワイロなどを含め、220万円ぐらいかかってしまい予算は、だいぶオーバーです(この金額は、私が個人的に出しますので、みなさまからいただいたお金はいっさい使いません。ご安心ください)。 完全に開き直りました。もう、すべてをかけてやります。 僕は決めたんです。楽しいことをやろうと。今まで、ボランティアなど参加したことがないような人たちに参加してもらうイベントをやろうと! その趣旨に賛同してくださり、勇気を出して参加してくださったみなさまは、本当に僕の誇りです。そして、カンボジアの子供たちのヒーローになると思います。 そして、どうせここまで来たら、カンボジアの子供たちがビックリするぐらいの人を集めてやろうと思いました。 こんなに、君たちを歓迎している大人がいるんだ!!
こんなに君たちと遊んでもらいたい大人がいるんだ!!
君たちの将来を、こんなに応援してくれる人がいるんだ!!
というところを見せてあげたいと思っています。

なので、最後に、最後に、お友達お一人に、声をかけていただけないでしょうか?友達一人でいいです。
もしツイッターやブログをやっているなら、あと1回、1回だけでいいので、記事を書いたり、ツイートをしていただけないでしょうか?

追加可能な人数(8月6日修正)
9月3日(金) あと 9名  (現在21名)
9月4日(土) あと10名  (現在78名)
9月5日(日) 満員御礼  (現在43名) 
9月6日(月) あと10名  (現在30名)
9月7日(火) あと何名でも (現在15名)

日程の詳細は、こちら>>

この活動は、まだまだ小さい活動です。しかし、いつか、本当にアジアを変えるきっかけを創れると、僕は信じています。
それよりも何よりも、カンボジアの子供たちの笑顔が見たい。そして、その笑顔を、多くの日本人に見せてあげたい。今は、それしか考えられません。

9月3日に彼らはやってきます。あのまぶしいほどの笑顔で。

では、9月3日、渋谷スクランブル交差点で会いましょう!

あの子たちが、スクランブル交差点を見て、どんな顔をするのか!?
毎日、それを想像して、がんばります。
本当にありがとうございます。
岩崎聖侍

■追伸
この孤児院に、「セッ・ヴィセス」という子がいるのですが、ヴィセスは、自分で何を言いたいかをKENGOさんに聞いてきました。KENGOさんは、日本語に訳してノートに書いてあげました。すると、次の日に、↓ここまで覚えたそうです。

おそるべし。僕らも、英語がんばりましょう(笑)

このイベントの詳細は
■こちら>>将来、カンボジアが日本のような豊かな国になることを目指すスタディーツアー

@今日もありがとうございましたm(__)m

本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?

岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)

【関連記事が読めます】
子供たちの笑顔に会いに行くSMILEJP カンボジアスタディーツアー2011
国家ブランディングとティラピアの養殖
もう後には引けない。「カンボジアの子供たちをディズニーランドへ」
カンボジア・シェムリアップ観光行く方必見! 世界一の夕日を見るツアー
成功者はインフレ気味に喜ぶ!動画の威力 カンボジアから届いた感動動画
マイクロクレジット in シェムリアップ 貧しいですが、ここには希望がある
子供たちとディズニーランドに行ってきました!

【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」

トップページへ


カテゴリー: カンボジアでの挑戦 | 10件のコメント