月別アーカイブ: 2009年9月

「人生の目的」と「ワクワクする夢」は何ですか?

昨日は、社内で週一研修をやりました。この週一研修は、毎週月曜日の朝にやっています。まず本氣の人のDVD(プロジェクトXや情熱大陸、プロフェッショナル仕事の流儀)を見て、その後にワークショップ的なことをやります。

今回のワークでは、自分の「人生の目的」「ワクワクする夢」について考えてみました。

1、あなたの人生の目的は何ですか?
(ex.はい、私の人生の目的は、自分の生きざまを通して、一人でも多くの人に、笑顔と喜びと感動を提供することです。)

2、あなたのワクワクする夢は何ですか?
(ex.はい、私のワクワクする夢は、スタッフ全員の夢をかなえることです。)

上記の質問に答えるにあたって、前提条件を決めています。

前提条件

1、神様は、あなたに何かしらのNo.1の能力を与えた。
しかし、それは教えてくれない

2、神様は、あなたにNo.1の能力を与えたが、それを生かして多くの人の役に立てば、何をやってもいい。
(ex.石川遼くんは、プロ野球選手になっても良かった。)

3、神様は、あなたがNo.1の能力に気づけるように、常にヒントを与え続けている。
今まで生きてきた人生は、ヒントだらけだ。
(ex.今までやってきた仕事は、全部天職。
  詳しくはこちらの記事>>■>>天職に就いていますか?

4、あなたがNo.1の能力を生かして夢に挑戦し始めたとき、神様はあなたの本気を試しにくる。
なぜなら、神様も忙しいので、本気じゃない人にかまっていられないから。
困難を与えて、常にあなたの本気を調べる。
その結果、本気とわかったら神様はあなたを後押ししてくれる。

ということになっています。

人生の目的は、生きている間に達成することはできません。そして、基本的に変わることがありません。

その代わり、人生の目的を達成するために、ワクワクする夢はドンドン変えてOKです。

ワクワクする夢は、何年後の夢でも、どんな種類のものでもOKです。

年収1000万円という夢でも、飢餓で亡くなる人をゼロにするという夢でも、広末涼子さんと友達になるという岩崎の夢でも(笑)、日本の自殺者をゼロにするという夢でもOKです。

重要なことは、“一番ワクワクする夢”であるということです。

こんな感じで、スタッフみんな、人生の目的やワクワクする夢を考えました。うちのスタッフは、日頃からこういうことを考えているのですが、このワークで新たな発見もたくさんあったようです。

最後に、スタッフ全員がワクワクする夢を発表するのですが、その時のニヤニヤした顔を見るのが大好きです(笑) みんな、すでに夢がかなった気でいます。

簡単なことじゃないですが、なんとかして、何年かかってもいいので、スタッフ全員の夢をかなえます

よっしゃ、やるぞーーーー!!!!!!

@今日もありがとうございましたm(__)m

本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?

岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)

【関連記事が読めます】
天職に就いていますか? あなたのNo.1の個性=魅力とは?
さて、クイズの時間です。
ディズニーランドの社員研修 部下を持つための研修
本田健さんの講演会に行ってきました
ビジョンクエストミニをやりに行く スタッフ全員、公園でボォーとした
居酒屋てっぺん 大嶋啓介さん 居酒屋の朝礼に全国から1万人が参加
本氣の人とは? 言い訳をしない人 Nick Vujicic(ニック・ブーイッチ)
年収を増やす単純な方法
今、時代が求める日本人とは? 日本の未来のために命がけで戦う人

【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」

1日1クリックおねげぇします 岩崎は何位?→ 人気ブログランキング

トップページへ

p>


カテゴリー: 使命と成功 | 「人生の目的」と「ワクワクする夢」は何ですか? はコメントを受け付けていません。

マザーハウス 山口絵理子さん THANKS EVENT2009

◆昨日、今、最もストーリーのある会社「マザーハウス」さんのTHANKS EVENT2009 ~keep walking~ に行ってきました。
マザーハウスさんは、「途上国から世界に通用するブランドをつくる。」というミッションのもと、壮絶なストーリーを歩んでいる会社です。
詳しくは、こちらの記事を読んでください
マザーハウス 山口絵理子さん 物語があるおもしろい会社
マザーハウスさんは、創業半年後の2006年からTHANKS EVENTを始めたそうですが、最初のTHANKS EVENTに来てくれたお客さんは45人。このときは無料で、カフェでやっていたそうです。
それが、第5回目である今回は、200名以上のお客さんが来ていました。それも、抽選で選ばれた200名です。そして有料です!
大きな会社も、ときどきTHANKS EVENTをやっていますが、200人集めるのは大変です。そして、もちろん無料だったりします。
それが、有料なのに抽選って・・・ マザーハウスさんの勢いが感じられますよね。
今回のTHANKS EVENTが行われた場所は、浅草のアサヒビール本社隣、アサヒアートスクエア。
そう、あの通称う○こビルです(笑)
マザーハウスTHANKS EVENT2009_01.jpg
いや~、何度も見ても美しいビルです(笑)
初めて中に入りましたが、中もおもしろいんです。
↓これ男子トイレなんですけど、天井からガラスをつたって水が流れているこのガラスに向かってオシッコをします。便器はありません
マザーハウスTHANKS EVENT2009_04.jpg
↓なんと、開場30分前からこの長蛇・・・
いち企業のTHANKS EVENTですよ!?
マザーハウスTHANKS EVENT2009_02.jpg
会場内は、満員御礼です。
マザーハウスTHANKS EVENT2009_03.jpg
今回のTHANKS EVENTでは、マザーハウスの現在進行形のリアルな取り組みを教えてくれました。
バングラデシュの工場では、3つの大きな改善を行ったそうです。
1.労働環境
2.製造販売の一体化
3.帰る場所を作る

1.労働環境の改善では、まず工場をすごくキレイにしたそうです。
そして、工員のみなさんにランチを提供し始めたそうです。これがおいしくて大好評。
バングラデシュで、ランチが出る工場など、あり得ないそうです。
また企業ローンも始めました。バングラデシュでは、預貯金をしている人が少なく、またお金を貸してくれる機関がないそうです。なので、家族が事故にあったり、病気になってしまうと、大変な目に合います。
そこで、マザーハウスがお金を貸して、給料から天引きする形で、返済をしていくそうです。
この制度を導入して数か月で、3割以上の工員がお金を借りたそうです。
2.製造販売の一体化は、自社の製造工場を作ったということです。今までは、どこかの工場に製造を委託していましたが、それだとお客様からの要望をすぐに反映しづらいそうです。
そこで自社の製造工場を作ることによって、今日、日本で出た要望がすぐに工場に届き、それが反映されるようなシステムになったそうです。
3.帰る場所を作るとは、バングラデシュには、安全・安心できる場所がなかなかないそうです。
そこで、マザーハウスの工場を、工員たちに何かあったときに守ってあげられる場所にしたかった。今では、多くの行員が、この工場を自分の家のように感じています。
そして、マザーハウスは、アジア最貧国であるバングラデシュでのバック製造をある程度軌道に乗せ次の途上国でのバック作りに向かいます。
その地は、ネパール
ネパールもまだまだ不安定な国で、1日に16時間停電するそうです。
1日に16時間停電する国で、どうやってバック作りをするんでしょうか・・・
(日が出ているうちにデザインの仕事をして、電気が通る2時間で一気に縫うそうです)
このネパールで、再び山口絵理子さんの壮絶な格闘が始まります。
山口絵理子さんは、2008年11月に初めてネパールを訪れます。
知っている人は当然、誰もいない状況で、またゼロからビジネスを立ち上げるわけです。
まず山口さんは、このネパールで眠っている素材を探し始めます。
バングラデシュでは、黄金の糸=ジュートに出会いました。このネパールにも、世界に誇れるものが、必ずあるはずだと思い、いろいろなものを見て回ります。
そこで見つけたのが、ネパールの伝統織物「ダッカ織」
ネパールのダッカ織は、非常にクオリティーが高く、すばらしいものだそうです。
山口さんはネパール語の先生をつけて、ネパール語をマスターして、このダッカ織の高い技術を持っている工場にたどり着きます。
しかし、この工場は最近まったく注文が入ってこないため、今月末で工場を閉めることを決めていたそうです。
そこで、マザーハウスが大量に注文するからということで、工場の存続を決めてもらいます。
工場長は、本当にうれしそうな顔をして、マザーハウスに感謝をしていました。
さて、使う素材は決まりましたが、これを実際にバックする工場を見つける必要があります。
山口さんは悪戦苦闘の末、やっとバックの製造を請け負ってくれる工場を見つけます。
ここの社長さんは、ネパール一の職人で、すばらしいバックを作ってくれると確信したそうです。
そして、2009年4月にバックのサンプルを作り始めます。5月、6月とサンプルを改良していくうちに、バックはどんどんいい物になっていき、かなりの手ごたえを感じたそうです。
そして、6月25日に23タイプのバックのサンプルが出来上がりました。
よし、一気に生産だ!
と盛り上がった時、事件は起きました。
山口さんは、バングラデシュと同様、ネパールでも委託製造と、自社工場での製造の両方でいこうと思っていました。
しかし、自社工場を作ると言ったことから、この工場の社長さんが態度を急変させます。
社長さんは、自分たちの工員が取られるのを恐れて、マザーハウスが自社工場を作るのに難色を示します。
そして、サンプル代として、大きな金額を要求してきたそうです。さらには、この社長さんは自社ビルを建てることになっていたそうなんですが、「このビルはマザーハウスのために建てる。だから、建設費用を全額出せ。」と言ってきたそうです。
山口さんは、どうしようかなと悩みますが、このような信頼関係では、今後やっていくのは厳しいと判断し、この工場での生産をあきらめます。
そして、自社工場を作る決意します。
すでに山口さんのもとには、優秀な工員2名と、優秀なディレクターさんがいました。この人たちと自社工場でバックを作ろうと決めます。
が、数日後、工員の1名が、ネパールを離れないと行けなくなったから「辞めたい」と言ってきたそうです。
山口さんは、もうすぐ工場が稼働し始めるから、もうちょっと待ってくれと言いますが、すぐに行くことになったのでとキッパリと断られます。
困ったな~と思っていたら、その翌日、もう一人の工員も、ネパールを離れるから「辞めたい」と言ってきたそうです。
「こりゃ、本当に困ったな~」と、山口さんはディレクターさんとご飯を食べながら相談していました。しかし、このディレクターさんも、元気がないということに、山口さんは気がつきます。
そんなとき、このディレクターさんに電話がかかってきます。
そして、ディレクターさんは、かなりの剣幕で「オレがどこにいようと、お前に関係ないだろ!」「そんなこと知るか!」と電話の相手に対し、怒っています。
電話が切れた後、ディレクターさんに話を聞いてみると、「実は、最近脅迫電話がある」と話してくれました。
このネパールでは、最大の政治勢力であるネパール共産党毛沢東主義派にお金を払えば、なんでもやってくれるそうです。工場をぶっ壊すことなど簡単だそうです。
なので、工場はみんな大きな壁を作って、中で何を作っているのか見えないようにしているそうです。
とにかく、このディレクターさんの身が危ないので、インドに逃げることをこの場で決めます。
そして、山口さんもなるべく早くこのネパールから出たほうがいいという忠告を受けたそうです。
山口さんは、一応このディレクターさんにかかってきた電話番号を控えておきました。
翌日、まだ工場にいた二人の工員の携帯電話を貸してもらい着信履歴を見たら、やはり昨日ディレクターさんかかってきた電話番号と同じ番号から、何度も電話があったようです。
そして、その晩には、山口さんの携帯にも脅迫電話がかかってくるようになりました。
山口さんは身を隠すため、ホテルを転々としながら、今後のことを考えていたそうです。
そして、この脅迫電話をかけてきている電話番号を調べたところ、以前の工場の工員の電話番号ということが判明しました。
山口さんは、一度は夢を共有した友達からこんなことをされ、大きなショックを受けてしまいます。そして、どっと疲れが出てしまいました。
このままでは「目の前にいる人を誰も信じられなくなる。そんな自分が嫌だ。」と思うようになります。
そして、「そもそもこのビジネスモデル自体がダメなんじゃないのか?バングラデシュは、ただの奇跡だったんではないか?」とネガティブに考えてしまいます。
目の前が真っ暗になり、すべてをマイナス考えてしまう自分がいました。
そんな山口さんを救ったのは、「一人じゃないことに気がついた」ことだそうです。
ブログには多くの応援コメントが寄せられ、日本のスタッフからは、バングラデシュの工員たちの笑顔の写真が届いたそうです。
これを見て、山口さんは歩き続ける決心 ~keep walking~ をします。
山口さんは、「きっと自分一人なら、やめちゃっていた。」と言っています。この3年間でできた仲間がいたから、応援してくれるお客様がいたから、またやろう!という気持ちになったそうです。
そして、またゼロからバックのデザインをはじめ(23タイプのバックのデザインは、あの工場の社長さんに取られた)、ダッカ織はネパールの工場で作ってもらい、バックの製造自体は隣国のインドでやりました。
インドでも、嫌なことがたくさんあったそうですが、それを乗り越えて、2009年9月19日についにMADE in Neral 「Maitighar」を販売することができたそうです。
また、山口さんは伝説のストーリーを作ってしまいましたね。
マザーハウスが成長し続ける限り、新たな伝説のストーリーがどんどん増えていきます。これは21世紀、最強のビジネスモデルだと思います。
マザーハウスHP MADE in NEPAL 「Maitighar」
マザーハウスHP ネパールでのストーリー
@今日もありがとうございましたm(__)m
本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?
岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)
【関連記事が読めます】
マザーハウス 山口絵理子さん 「物語がある」おもしろい会社 No.001(2009/08/17)
マザーハウスの新入谷店に行って、山口絵理子さんとお会いしてきました。(2009/09/22)
ドリームプラン・プレゼンテーション(福島正伸さん) 広告・営業なしで売れる商品 No.005
居酒屋てっぺん 大嶋啓介さん 「物語がある」おもしろい会社 No.006 (2009/09/05)
古野隆雄さん(農家)  「物語がある」おもしろい会社 No.004(2009/08/25)
【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」
1日1クリックおねげぇします 岩崎は何位?→ 人気ブログランキング
トップページへ


カテゴリー: マーケティング戦略 | 4件のコメント

吉祥寺グルメ 伝説の焼き鳥屋 いせや

昨日は、大学のラグビー部の同期と飲みに行きました。
僕が大学生の頃、よく行っていた場所が「吉祥寺」 大学から近いので、なんかあるとすぐ吉祥寺に行ってました。吉祥寺は、下町に似た雰囲気があり、都会の仲間入りをしたいんだけど、なかなか都会になりきれない感じが、僕は大好きでした。
で、久しぶりに吉祥寺に行きたいなと思って、飲み会の場所を吉祥寺に設定。吉祥寺に行ったのは7年ぶり?ぐらいでしょうか。相変わらず、都会になりきれていない感じが最高でした。
そして、僕らラグビー部が吉祥寺で飲むと言ったら、この「いせや」しかありません!!
吉祥寺いせや01.jpg
どうですか? このたたずまい(笑)
吉祥寺いせや02.jpg
この立ち飲み場で飲むと、帰りは煙の匂いが体中につきます
吉祥寺いせや03.jpg
一見、台湾とか中国の食べ物屋に見えますよね。
吉祥寺いせや04.jpg
ギョウザです。最高にうまいです。これで400円だと思います。
吉祥寺いせや05.jpg
焼き鳥も、すべて1本100円以下です。
吉祥寺いせや06.jpg
シュウマイ、モツ煮、中華ガツ。どれも本当にうまいです。
大学のラグビー部の同期とは、1年ぶりぐらいに会ったのですが、こうやって会うと、大学の頃のいろいろな思い出がフラッシュバックします。
久しぶりに、腹の底から何度も笑いました
こういうときが、本当にラグビーをやっていて良かったと思える瞬間です。
僕の人生の宝物ですね。
まぁ、ラグビーを実際にやっているときは、そんなこと思いもしませんでしたけど。「なんでオレ、こんな辛いことやってんねん」みたいな思いばかり(笑)
でも、今となれば、本当にありがたい思い出です。m(__)m
僕らの同期のキャプテンだった男は、33歳にしてまだ現役バリバリです。トップリーグという、サッカーでいえばJリーグみたいな日本のトップリーグでラグビーをやっています。
すごいです。すごすぎます。ほんとどの選手は、30歳前に引退するのですが、キャップはまだまだ現役です。彼の試合を見に行くたびに、感動をもらって僕ももっともっとがんばろうと思わせてくれます。
いや~、ラグビー最高!
本当にラグビーに感謝ですm(__)m
↓ちなみにラグビーって、こんなスポーツです(笑)↓

@今日もありがとうございましたm(__)m
本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?
岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)
【関連記事が読めます】
もうダメだ、もうダメだ。食べれない・・・
ラグビー観戦! がんばれ!横河武蔵野アトラスターズ
【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」
1日1クリックおねげぇします 岩崎は何位?→ 人気ブログランキング
トップページへ


カテゴリー: 旅とグルメ紀行 | 4件のコメント

木山裕策さん 本気の人が39歳で起こした奇跡のメジャーデビュー

昨日に引き続き、“本氣”の人をご紹介したいと思います。
木山 裕策(きやま ゆうさく)さんって知っていますか?
37歳「歌手になるという夢」に挑戦し、39歳でメジャーデビューを果たした、“本氣”の人です。
木山さんは、学生時代、歌手を目指してバンドをやっていました。しかし、その歌手になる夢の実現方法もわからないまま卒業を向かえ、会社に就職します。
その後、結婚をし、仕事では課長まで出世し、4人の子宝にも恵まれ、毎日幸せに暮らしていました。
しかし突然、木山さんに病魔が襲いかかります。
37歳のとき甲状腺に腫瘍があることが判明します。それもレベル4。悪性腫瘍、ガンです。
もちろん、すぐに手術することを決めますが、甲状腺を全摘出する手術なので、「二度と声が出なくなる可能性も大きい」とお医者さんに言われます。
その時、木山さんは決意します。
「もし、もし手術して声が出るまで回復したら、もう一度歌いたい。歌手になるという夢に挑戦したい。」
そして、手術は成功し、奇跡的に声も残ったそうです。
そこから猛リハビリをして、歌が歌えるまでに回復します。
夢に挑戦する土台はできました。
しかし、その頃の木山さんは
「子供が4人いるから、夢とか言ってられないという気持ちと、子供が4人いるからって、夢に向かって走っちゃいけないなんてない、という気持ちが交錯していた」そうです。
そんな木山さんを後押したのが、奥さんでした。
木山さんと奥さんは
最近の子供たちは、大人になることがあまり嬉しくないみたい。大人になると負担ばっかり増えると思うようで・・・
だから、私たちは、毎日楽しそうに笑って過ごそうねって約束しています。そして、大人だからって、夢をあきらめない。
子供たちに、大人になるって嫌なことばかりじゃないんだよ! ということを教えていきたい。そういう教育をしたい」
と日頃から、話し合っていたそうです。
そう、だからお父さんが夢に挑戦する姿を子供たちに見せようとしたんです。
そして、木山さんは38歳のときに、日テレでやっているオーディション番組「歌スタ」に出場します。
この番組は、有名な作曲家たちがその場で歌を聞いて、自分の楽曲を提供したいと思った人だけ、『合格』にするというシステムです。しかし、10万人の中から受かった人は、19組だけだそうです。
木山さんは、まず平井堅さんの「瞳をとじて」を歌いますが、ほとんどの作曲家は『不合格』にします。一人だけ、多胡 邦夫(たご くにお)さんという作曲家(Every Little Thingや浜崎あゆみさん、hitomiさんなどに楽曲を提供する超売れっ子作曲家)だけが、『追試』のカードを上げます。
そして、二曲目に歌った曲が、ビリー・ジョエルの「Piano Man」
結果は
『合格』
この歌を歌ったことが、木山さんに『合格』を呼んだんです。
多胡さんは、「僕が好きなビリー・ジョエルを歌ったから合格にした。エルトン・ジョンを歌っていたら、合格にはしていなかった。出会いって、こういうもんなんですね。」と言います。
この多胡さんとの出会いが、木山さんを奇跡のステージまで引き上げます
「歌スタ」のルールは、『合格』を出した作曲家が新曲を作り、それを『合格』した人が「最終プレゼン」で歌って、レコード会社の重役の方が『OK』を出せば、晴れてメジャーデビューとなるそうです。
木山さんと多胡さんの戦いが始まります。
多胡さんは、自分も父親として、四人の子を持つ木山さんにしか歌えない、家族へのラブソングを書こうと決意します。
木山さんは、昼はサラリーマンをやり、夜は子育てのサポート。その合間を見て、歌の練習をします。ときには、子供たちと一緒に歌の練習をします。
多胡さんの要求はものすごく高く、何度も何度も謝りながら、木山さんは歌い方を直していきます
そして、すべてをやり尽くした二人。
「最終プレゼン」に臨みます。
レコード会社の重役の方は、エイベックス・エンタテインメント取締役の伊藤宏晃さん。
伊藤さんが『OK』出せば、見事、木山さんのメジャーデビューの夢がかなうんです。
結果は
『不合格』
この日は、家族全員が収録会場に来ていました。
この『不合格』を聞いて、子供たち全員が号泣してしまいます。
そう、木山さんの夢は、家族全員の夢になっていたのです。
その夢が破れ、家族はみんな泣いていました。
しかし、多胡さんだけは、諦めていませんでした。
「伊藤さんは不合格を出したけど、フルコーラスを聞いてみたいと言ってくれた。もう一回やろう。フルコーラスでもう一回やろう。」
最終プレゼンの追試は、前例がないそうです。
しかし、自分も一児の父である多胡さんは
「あんな号泣している子供たちを見て、このまま終わらせるわけにはいかないと思った」そうです。
多胡さんの熱い思いを受けて、特別に最終プレゼンの追試は行われることになります。
ここからは多胡さんによる、さらに厳しい特訓がはじまります。
多胡さんは多胡さんで、曲をフルコーラスまで仕上げていきます。
そして、本当に最後の、ラストオーディションを向かえます。
今回も判定をするのは、エイベックス・エンタテインメント取締役の伊藤宏晃さん。
結果は
『合格』
子供たちも号泣。
そして、多胡さんも泣きました。
木山さんは
「チャンスをもらえるとは思っていなかったので、本当にがんばりました。その姿を子供たちに見せることができて良かったです。」
「大人になったら楽しんだよ、ということを子供たちに伝えられて良かった。」
そして、木山さんと、この「home」という曲は、世の中に羽ばたきました。
木山さんは、全国各地で気持ちを込めて、丁寧に「home」を歌い続けました。
そして、口コミで「home」の良さが徐々に伝わり、多くの人から「元気をもらった」「勇気付けられた」というメッセージをもらったそうです。
そして、2008年12月初めに、エイベックス・エンタテインメント取締役の伊藤宏晃さんと、多胡さんが木山さんの元に訪れます。
伊藤さん
「重大な発表があります。」
木山さん
「はい・・・」
伊藤さん
「・・・今年の紅白の出場が決まりました。」
40歳の新人歌手がデビュー曲で紅白出場です。
奇跡としか言いようがありません。
伊藤さんは泣きながら
「エイベックスには、全国各地から『紅白に出てください』という応援メールが、ものすごい数届いた。本当にこれは応援してくださる方が起こしてくれた奇跡だよ。感謝だね。」
とおっしゃってました。
いや~、ヤバイです。自分で書いているのに、涙が溢れてきます(笑)
37歳で夢に挑戦するお父さん。それを応援する奥さんと、子供たち。
日本中の家族が、みんな木山家のような家族になったらいいですね。
お父さんの背中を見て、子供は育つといいますが、夢を追い続けているお父さんの背中ほど、いい教育はないんだなと思います。
何歳になって、夢に挑戦したいですね。
homeの詩のワンフレーズです。
不思議な事に君を愛しく思えば思うほど
パパのパパやパパのママに
本当にありがとうって言いたくなるんだ

↓home/木山裕策さん↓

@今日もありがとうございましたm(__)m
本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?
岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)
【関連記事が読めます】
シルベスタースタローン(ロッキー)の伝説ストーリー
本氣の人とは? 言い訳をしない人 Nick Vujicic(ニック・ブーイッチ)さん
石黒由美子さん 顔面を540針も縫った大事故からオリンピックへ
がんばれば、幸せになれるよ 小児がんと闘った9歳の男の子
江頭2:50さんの名言集 本氣の本物のお笑い芸人
本田宗一郎さんの伝説ストーリー
西田文郎先生の講演会に行く 能力開発の魔術師
【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」
1日1クリックおねげぇします 岩崎は何位?→ 人気ブログランキング
トップページへ


カテゴリー: 伝説のストーリー(カッコいい生き方) | 4件のコメント

本氣の人とは? 言い訳をしない人 Nick Vujicic(ニック・ブイヂチ)さん

うちの会社は、10月が決算月です。なので、再来月の11月から4期目になります。
僕は3期目までは、トレーニングだと思って経営をやってきました。とにかく石の上にも3年で、まずはやってみようという気持ちだけで、ここまで来ました。何しろ、前職が公務員ですから(笑)、すべてが初体験のことで、、、 本当にこの3年間で経営を通して成長できたと思っています。
そして、その3年が終わり4年目。4年目のテーマは『本氣』です。
本氣には限界がないそうです。
“一生懸命”には限界があるけど、”本氣”には限界がない。
本氣の人は、言い訳をしません。
本氣の人は、環境に甘えません。
本氣の人は、今の自分に満足しません。
本氣の人は、できるまでやり続けます。
そうなんです、本氣の人にはまったく言い訳がありません。「やると決めたら、絶対にやる」人なんです。
僕は、乙武 洋匡(おとたけ ひろただ)さんと同じ年です。で、中学校も隣でした。
10年前、乙武さんの『五体不満足』を読んだ日、あまりの衝撃で夜寝られなかったのを覚えています。しょうもないことで悩んでいた自分が、恥ずかしかったです。
乙武さんは、先天性四肢切断(生まれつき両腕両脚がない)という障害を持って生まれてきました。その時のことをこう綴っています。
「生まれてきただけでビックリされるなんて、桃太郎とボクくらいのものだろう」
このプラス思考を読んだとき、衝撃でしたね。
乙武さんのお母さんが、先天性四肢切断の障害を持って生まれてきた赤ちゃんを見て、「かわいい」と言ったことが、乙武さんのこのプラス思考を作ったんだな~と、最近になって思いました。すばらしいお母さんです。
「障害は不便です。しかし、不幸ではありません。」と笑顔で言い切る乙武さんは、本当にカッコいいなと思いました。
そして、今考えると、乙武さんは“本氣”の人なんだなぁとも思えます。
そんな乙武さんが大好きな岩崎ですが、つい最近、衝撃のYouTubeを教えてもらいました。
Nick Vujicic(ニック・ブイヂチ)さんという方の動画です。この方も先天性四肢切断の障害を持って生まれてきました。
そして、Nick Vujicicさんは、8歳のときに人生を終わらせたいと思うほど、この障害にコンプレックスを感じていたそうです。普通の人なら、皆そうだと思いますが・・・
しかしNick Vujicicさんは、今では多くの人に勇氣を与えるスターとなったんです。
↓この動画を見てください。Nick Vujicicさん↓

何度見ても、泣いてしまいます・・・
Nick Vujicicさんは、“本氣”になったんですね。
僕も環境や社会、才能を言い訳にせず、「やると決めたら、絶対にやる!」という“本氣”で臨みたいと思います。
@今日もありがとうございましたm(__)m
本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?
岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)
【関連記事が読めます】
石黒由美子さん 顔面を540針も縫った大事故からオリンピックへ
伝説の格闘家 中井祐樹選手 ブラジリアン柔術家
がんばれば、幸せになれるよ 小児がんと闘った9歳の男の子
木山裕策さん 本氣の人が39歳で起こした奇跡のメジャーデビュー
シルベスタースタローン(ロッキー)の伝説ストーリー
限界を決めるのは、過去の記憶 自分の「安全領域」から飛び出そう!
西田文郎先生の講演会に行く 能力開発の魔術師
パブロ・ピカソさんの伝説ストーリー
【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」
1日1クリックおねげぇします 岩崎は何位?→ 人気ブログランキング
トップページへ


カテゴリー: 伝説のストーリー(カッコいい生き方) | 2件のコメント