月別アーカイブ: 2009年8月

鹿嶋真弓さん(中学校教師) いじめがないクラスを作る伝説の教師

プロフェッショナル 仕事の流儀 どん底からはい上がった4人のプロフェッショナルたち

2人目は、中学教師の鹿嶋真弓さん。

鹿嶋先生は、「エンカウンター」という手法を使って、生徒同士にコミュニケーションをとってもらい、クラスの絆を深めていくという教育で、有名な方です。

鹿嶋先生は、今では、いじめのない理想のクラス作りの第一人者ですが、やはりここまでの道のりは壮絶なものでした。

40歳のときに受け持ったクラスは、いわゆる学級崩壊状態。鹿嶋先生が教室に入ると、「ウザイ」、「帰れ」と言われる。何かしゃべると、「聞いてねえよ」と、返ってきたそうです。

授業中に机の上を走りまわる生徒、理科の実験中、火のついたマッチが飛んできたこともあるそうです。

鹿嶋先生は、胃潰瘍になり、学校の校門をくぐるのが怖くて、帰ってしまったこともあるそうです。

人間やめますか?それとも、教師やめますか?」というような状況だったそうです。

先生は、20年近く教師をやってきて、はじめて「教師を辞めたい」と思います。そして、友達に「教師を辞めたい」と相談したそうです。

友達から帰ってきた言葉は、「鹿嶋さんらしくないね。」

そこで、鹿嶋先生は、ハッとします。自分が20代の頃、ガムシャラに教師をやっていた時のことを思い出します。

今の私は、自分の苦しみから逃れるために、昔のように本氣で生徒に向き合っていない。
本当に一番苦しいのは、子供たちじゃないだろうか?

子供たちに、何かしてあげられないだろうか? 鹿嶋先生は、そう考えます。

そして、修学旅行のとき、生徒に内緒で親に書いてもらっていた手紙を、生徒たちに渡します。

そうすると、生徒たちは、涙目になって手紙を読んだ。そして、その手紙を、生徒同士で見せ合い、コミュニケーションを取り始めたそうです。そうしていると、今度は、鹿嶋先生にも手紙を見て欲しいと生徒たちがやってきたそうです。

ここで鹿嶋先生は気づきます。「そうか、先生と生徒ではなく、生徒同士がコミュニケーションを取れる方法を考えればいいんだ」

そこから、「エンカウンター」を使って、生徒同士がコミュニケーションをとれる方法を作っていったそうです。

鹿嶋先生は最後に、「自分は独りよがりだった。私ばっかり、なんで私ばっかりこんな辛い目にあうの、と考えていた。けど、見方を変えた瞬間に、周りの人を支えたいと思った。」

「視点を変えれば、光は必ず見えるんだ。」

と語っていました。

すごい先生ですね。中学校の先生が、みんな鹿嶋先生みたいだったらいいですね(笑)

前に、どっかで聞いたことがあります。

ある先生が悩みを相談します。

生徒たちが、私の言うことをまったく聞いてくれません。どうしたら、生徒たちは言うことを聞くようになってくれるでしょうか?」

あるコンサルタントの方がいいます。

先生がもっと輝いてください!

「生徒たちは、自信がなく、毎日疲れていて、ヘトヘトになっている先生の姿を見て、自分は将来、”先生みたいな大人”になりたくないと思う。だから、先生の言うことを聞かないようにするんです。言うことを聞いたら、ヘトヘトの大人になっちゃうと思うから。」

「だから、必要なことは生徒を変えようとすることじゃなくて、先生が変わることです。先生が、毎日キラキラと輝いていたら、生徒たちは先生のような大人になりたいと思う。そうすれば、先生の言うことは絶対に聞きます。」

僕は、なるほどと思いました。

他人は変えることができない。自分が変わるしかない。そして、その自分が変わった姿を見て、他人も変わるんだ

まさに、理想のリーダー像ですね。自分の生き様を見せて、部下を育てるわけです。

僕も、こんなリーダーになりたいです。

@今日もありがとうございましたm(__)m

本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?

岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)

【関連記事が読めます】
大木隆生さん 医療にすべてをかける外科医 現代のブラックジャック
カリスマ酪農家 三友盛行さん 無理をしない身の丈でやるマイペース酪農
古野隆雄さん(農家) 「アイガモ農法」で世界で最も傑出した社会起業家の一人
マザーハウス 山口絵理子さん 最も有名な社会起業家の一人
兄弟なのに、なぜこんなに性格が違うのか?

【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」

1日1クリックおねげぇします 岩崎は何位?→ 人気ブログランキング

トップページへ


カテゴリー: 伝説のストーリー(カッコいい生き方) | コメントをどうぞ

古野隆雄さん(農家) アイガモ農法で世界で最も傑出した社会起業家の一人

夏休みでしばらくお休みしていた「プロフェッショナル 仕事の流儀」が再開しました。

そして、いきなりのスペシャルです。どん底からはい上がった4人のプロフェッショナルたちの話です。

1人目は、農業家の古野隆雄さん。
合鴨家族 古野農場のブログ

古野さんは、農薬をいっさい使わずにお米を作る「アイガモ農法」を世界に広めた第一人者です。

その功績が認められ、2000年にスイスのシュワブ財団より「世界で最も傑出した社会起業家」の一人に選出されています。

古野さんは、30年近く、完全無農薬・有機農業をやってきました。しかし、このアイガモ農法を成功させるのに、13年かかったそうです。 13年ですよ!?

古野さんは、大学卒業後、実家の農家を継ごうか悩んでいてました。

そんなとき、ふと実家の田んぼを見ると、昔いたフナドジョウがまったくいない。

なんでだ!?

農薬のせいか・・・

そして、古野さんは決意します。

この田んぼを、オレらが子供だったときのようなフナやドジョウがいる風景に戻す

そこから、苦しい苦しい13年間がはじまります。

最初は、古野さんと奥さんの手で雑草を抜き、害虫を駆除していました。

しかし、最後の雑草を抜き終わる頃には、最初に抜いたあたりに雑草がボウボウと生えていたそうです。そのせいで、周りの田んぼの3分の1程度しか、お米が収穫できなかったそうです。

お米の他に、野菜などを売って生計を立てていたそうですが、月収が3万円のときもあったそうです。

このような戦いが10年間続きます。

そして、10年目に転機が訪れます。アイガモを使って雑草をとっている農家のことを知るのです。

古野さんもアイガモを使う農法を試みます。

すぐに、数十羽のアイガモを買い、田んぼに放ったのです。

しかし、翌日には、すべてのアイガモが野犬に殺されていたそうです。

そこからは、野犬との戦い

3年間、いろいろな方法を試しますが、全部失敗に終わります。

さすがの古野さんも、「もう、あきらめよう」と思います。

しかし、いつも貧乏をさせてきた長男に

「また、ヒナ買うんでしょ(挑戦するんでしょ)?」

と言われ、ハッとします。

「この子は、十数年間、私が挑戦するのを見てきて、また挑戦するのをあたり前だと思っている」

それを知り、古野さんは、もう一度奮い立ちます。

うまくいかないことが、当たり前

そう心に決めて、再び挑戦します。

そこで、見つけたのが”畑をイノシシから守る電気柵

これを田んぼに張り巡らせると、効果はすぐに現れ、その年、田んぼ一面にお米ができたそうです。

13年目に、やっとアイガモ農法で無農薬でのお米作りに成功したのです。

最後に古野さんは、”逆境に向かう人たち“に対して、「明日は、あるとです。そう思えば、どんなに辛いときでも、何とかやっていける。」というメッセージを残してくれました。

すごいですね。13年間です。田んぼには、徐々にフナやドジョウが増えてきたそうです。

そして、古野さんは新たに、水をはるまえの田んぼに、じかに種もみを播く乾田直まき農法に挑戦しています。

どこまでも挑戦なんですね。

しかし、こんな話を聞いたら、どんなに高くても、古野さんのお米を食べたくなりますね(笑)

これがストーリーの力ですね。

僕は、もちろん古野のお米買います。

古野農場のサイトで通販しています。
合鴨米2kg 1575円

@今日もありがとうございましたm(__)m

本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?

岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)

【関連記事が読めます】
借金1億からの高級ハンドメイド家具屋さん 手ごろに買える一生使える家具
大木隆生さん 医療にすべてをかける外科医 現代のブラックジャック
吉岡秀人さん(小児外科医) すべて自己負担のボランティア
本氣の人とは? 言い訳をしない人 Nick Vujicic(ニック・ブイチヂ)さん
日本理化学工業の伝説ストーリー 日本で一番大切にしたい会社

【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」

1日1クリックおねげぇします 岩崎は何位?→ 人気ブログランキング

トップページへ


カテゴリー: 伝説のストーリー(カッコいい生き方) | コメントをどうぞ

インターンシップ生の送別会

8月10日から、インターンシップで来ていた学生2人が、昨日でインターンを終了しちゃいました。。。

えっ、もう3週間もたっちゃったの!? というくらい、二人が来てから、あっという間の3週間だったね。
二人とも、沖縄から来たんですが、とってもいい子で、本当に3週間楽しかったです。
ありがとうね

二人は、確か、7月末にいきなりメールをしてきました。
8月始めから、インターンいけませんか?」と(笑)

僕らも、今年は、インターンの学生さんを受け入れる余裕ないな~なんて思っていたんですが、二人の住んでいる場所を聞くと、なんと沖縄。昨年、インターンに来た「そうちゃん」という学生は、北海道から来たんです。

ここで岩崎「ビヨーン」とインスピレーションを感じてしまったのです。
スタッフ9人しかいない会社に、2人のインターン生を採用するってのも、ちょっと無茶ですが、ビヨーンと感じてしまった以上、しょうがありません(笑)

そして、2人は8月10日から来たんです。
僕のインスピレーション通り、2人に来てもらって本当に良かった。
沖縄の人がいると、そのしゃべりのイントネーションで、なんとなかく心地いんです。
そして、二人とも、学生とは思えないほど実力がありました。さらに、この3週間でもっと力をつけてくれました。すばらしい2人だったな~。

そんな2人との、切ないお別れの送別会を昨日、開いたわけです。

お店は、宮前平No.1鳥料理や「地鶏料理屋たまい」です。ここは、本当においしいので、けっこうスタッフと行きます。
過去のたまいの記事>>うまい鳥料理屋さんに行く!

地鶏料理屋たまいのホームページ

インターン生
左が「れい~か」で、右が「あ~や」です。

インターン生
たまいの看板料理、金運つくね

インターン生
金運つくねに、テンションが上がりまくる「あ~や」(実際は、”あや”なのだが、あやとれいか(沖縄の人)が呼び合うと、「あ~や」と「れい~か」に聞こえる。だから、あ~や)

インターン生
れい~かも興奮して、頭からなんか生えてきた

インターン生
そんな二人を見る、numlockと、玉置雅也。
numlockの詳細>>numlockのwiki
玉置雅也(雅)の詳細>>玉置雅也(雅)のwiki

この二人は、ホントに仲がいいんです。いつでも、隣でイチャついています

そうすると、うちの腐女子である、”ロゼ“と”とめこ“が大喜びするわけで(笑)
ロゼの詳細>>ロゼのwiki

インターン生
向こうのテーブルは、和気あいあい。

柴本恵美
しかし、こちらのテーブルは、フリーライフのドン”柴本恵美”の管理下に置かれているので、みんな静かに黙々と食べる。
柴本恵美の詳細>>柴本恵美のwiki

フリーライフコンサルティング
いや~、ホント楽しかったです。最後に記念撮影。
2名、顔出し不可のためモザイク処理(笑)

岩崎聖侍
岩崎はカメラマンで映ってなかったので、くやしいから最後に一人で撮りました(笑)

ホント、二人とも三週間「お楽しみさまでした

東京来た時には、遊びに来てね~

@今日もありがとうございましたm(__)m

本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?

岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)

二人が作ってくれたサイトの一部
みんなで選挙に行こう! 20・30代が選挙を考える。
子供たちと一緒にディズニーランドに行こう!
インターンシップの感想
戦争を知らない私達が戦争について考える日

【関連記事が読めます】
ドキッ! 新入社員の誕生日会 ポロリもあるよ(笑)
アミダクジでボーナスを決めた会社(笑)
ビジョンクエストミニをやりに行く スタッフ全員、公園でボォーとした
みんなで選挙に行こう! 20代・30代が選挙を考える日
戦争を考える日
ロゼの誕生日 なぜかインターンシップ生もお祝い(笑)

【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」

1日1クリックおねげぇします 岩崎は何位?→ 人気ブログランキング

トップページへ


カテゴリー: イベントに参加したぜ! | コメントをどうぞ

リコー(RICOH)のデジカメのマーケティング ストーリー戦略

デジタルカメラって、持っていますよね。

デジカメのメーカーと言えば、パナソニックのLUMIX、CanonのIXY、Sonyのサイバーショット、富士フイルムのFinePix、ペンタックスのOptio、カシオのEXILIM、ニコンのCOOLPIXなどがあります。

実は、リコー(RICOH)もデジカメを作っているのを知っていますか?ほとんどの人が、「リコー(RICOH)のデジカメなんてあるの?」と思うんじゃないでしょうか。なぜなら、リコー(RICOH)のデジカメは、ほとんどCMや広告を打っていないからなんです。

しか~し、カメラ好きの間では、リコー(RICOH)のデジカメはカリスマ的な人気があります。

他社が芸能人を使ってバンバン広告しているのに、リコー(RICOH)は広告費をまったく使わず、ただただ、いいカメラ・いいレンズを作ることにお金をかけています。
なので、本当にいいカメラができるんですね。そして、それをわかっている玄人の方に、カリスマ的人気があるんです。

ちなみに、僕もリコー(RICOH)のデジカメを使っています。僕は別にカメラの玄人じゃないですけど、こういう職人的な商品が好きなんです(笑)

リコーのデジカメの中でも、上位機種の「GR」という商品は、そこらへんの一眼レフのカメラより、いい写真が撮れるそうです。
このGRのキャッチコピー・ストーリーは、「自らも写真愛好家である開発者たちの理想と情熱が、かつてないレンズを生み出した。」

しびれますよね(笑) また、サイトにも熱い思いが書かれています。
リコーのデジカメGRのサイト

ホームページで、開発者たちの熱い開発秘話を記載するという方法は、Panasonicがよくやっています。
しかし、このリコー(RICOH)のデジカメGRはさらに熱く、リコー(RICOH)の社員が実際にGRで写真を撮って、それをブログにアップしているんです!
リコー(RICOH)のデジカメGR ブログ

けっこう頻繁に更新されているんですよね。

完全に他社とは一線を画した手法、”競争の軸”をずらして、リコーはデジカメを売っていますね。リコーのデジカメには、“お客さん”じゃなく、”ファン”が多いのです。価格.comのレビューを見ても、ファンたちがリコー(RICOH)のデジカメを熱く語っています。

だから、価格競争になりません。実際、リコー(RICOH)のデジカメは値段が高いです(笑) このGRは7万円以上します。

リコーのデジカメで安いクラスの商品「CX1」でも、3万5000円以上します。このCX1は、全デジカメの中で、最も初心者に優しいデジカメと言われているそうです。

大きな特徴が、ピントを合わせる「半押し」がいらないのです。デジカメ世代にとっては、”半押し”は常識ですが、使い捨てカメラ世代にとっては、「半押しって、何?」という世界です。僕の母に、「半押し」を何度教えて、「半押し」をしないので、いっつも写真がぼけています(笑)

しかし、このCX1は半押しがいらないので、うちの母のような使い捨てカメラ世代にも、問題なく使えます。当然、写真もメチャメチャきれいです。シャッタースピードが速いんですね。

そう、こうやってストーリーのあるいい商品は口コミされていきます(笑) 僕は、リコー(RICOH)さんから一円ももらっていないのに、こんなに宣伝してしまいました(^_^;)

また、大手量販店に行って、デジカメコーナーのカメラ好きのスタッフに、「どこのメーカーがいいですか?」と聞くと、99%「リコーです。」と答えます。そして、リコーのカメラが、どれほどすばらしいのか、延々と話をします(笑) 僕もこの話を聞かせれて、リコーのカメラに興味を持つようになったのですから。。。

@今日もありがとうございましたm(__)m

本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?

岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)

【関連記事が読めます】
ネッツ南国で車が売れまくっている。伝説のカーディーラー
面白会社カヤック サイコロで給料を決めるイケてる会社
マザーハウス 山口絵理子さん 最も有名な社会起業家の一人
ロールスロイスの伝説ストーリー 砂漠のど真ん中で車が故障
永遠の輝き 「せいきゅんリング」のストーリー

【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」

1日1クリックおねげぇします 岩崎は何位?→ 人気ブログランキング

トップページへ


カテゴリー: マーケティング戦略 | コメントをどうぞ

バタフライ効果(バタフライエフェクト) カオス理論

昨日の選挙を考える日に関連した話です。

うちの若いスタッフがこう言いました。
オレ一人が、選挙に行ったからって、一票じゃ何もかわらないから、意味ないんじゃないですか?

若者が選挙に行かない理由のベスト3に入る言い分だ(笑)

バタフライ効果っていうのを聞いたことがありますか?

エドワード・ノートン・ローレンツさんという気象学者が唱えた理論なのですが、「ある場所での蝶の羽ばたきが、そこから離れた場所の将来の天候に影響を及ぼすという」内容の理論です。

よく使われる表現が、
ブラジルで蝶が羽ばたくと、テキサスでトルネードが起きる
北京で蝶が羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起きる
アマゾンで蝶が羽ばたくと、シカゴでハリケーンが起きる
などです。

つまり、「ごくごく小さな要素であっても、その小さな要素の組み合わせは、未来に大きな影響を与える」という理論です。

そして、その結論は、「ゆえに正確な未来予想は不可能」ということになります。

この理論は、「カオス理論」と呼ばれています。カオス理論を端的に表したのが、バタフライ効果(バタフライエフェクト)なのです。

ブラジルでの蝶の羽ばたきが、テキサスでトルネードを引き起こすなら、ある一人の一票が、日本の政治を大きく変えることは十分にあり得ますよね?

ということで、「選挙に行きなさい!」と言っておきました(笑) まぁ、そのスタッフは、すごく素直な子なので、その後、選挙を考える日に、選挙のことを学んで、「投票に行きます!」と言ってました。

また、このバタフライ効果を聞き、10年先の具体的な目標を立てることは、あまり意味がないのかな~なんて思ったりもしています。

もちろん、10年先の具体的な目標や夢に向かって進むことは、すばらしいことです。ただ、うちのスタッフの中にも、10年後の目標や夢が、なかなか決まらなくて悩んでいる人がいます。

こうやって、10年先の目標や夢が決まらないで悩んでいる人は、別に決めなくていいんじゃないかなと思ったんです。だって、このバタフライ効果を考えれば、現時点で10年先の自分を予測するってのは、かなり難しいのかなと。自分の進むべき道は、毎日少しずつ何かに影響され、決まっていくんでしょう。だから、10年先の目標や夢が決まらないことをストレスに感じるぐらいなら、毎日一生懸命生きていたほうが、いいじゃないでしょうか

そうすれば当然、10年後は人間的に大きく成長しているんでしょう。

しかし、ただ毎日を一生懸命生きるってのも、何を一生懸命すればいいのかわからない、ということになりかねないと思います。そこで、自分のミッション(使命)を決めておけばいいじゃないでしょうか。

自分のミッション(使命)さえ決めておけば、いろいろな人や物、事件、感情に惑わされないと思うのです。

つまり、当社FLCのミッションは、「世界に笑顔を増やす」ということなので、あとは毎日毎日、「世界に笑顔を増やす」活動さえしていけば、10年後に大きなことができるのではないかと思っています。

そして、何か判断を迫られたときは、どっちのほうが「世界に笑顔が増えるの?」ということで、決めていけばいいと思っています。
これをミッション主義と言います。そう、勝手に読んでいるだけです(笑)

こう考え、うちのスタッフは全員、自分のミッションを持っています

ということで、バタフライ効果とミッション主義について考えてみました。

@今日もありがとうございましたm(__)m

本を出しました
儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?

岩崎聖侍のツイッター フォロミー(T_T)

【関連ブログ記事】
みんなで選挙に行こう! 20代・30代が選挙を考える日
「人生の目的」と「ワクワクする夢」は何ですか?
年収を増やす単純な方法
人生をかけた仕事じゃなきゃ、人を感動させられない。
公務員辞めて、良かった?
人並みよりちょっといい生活できればいいくらい

【当ブログの人気記事ランキング】
ストーリー戦略の専門家岩崎の「人気の記事ランキング」

1日1クリックおねげぇします 岩崎は何位?→ 人気ブログランキング

トップページへ


カテゴリー: 使命と成功 | コメントをどうぞ